FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

一票の格差、でも

  「法の下の平等を定めた憲法に違反する」として選挙の無効を求めた弁護士グループの訴訟で、広島高裁が昨日25日、広島1、2区につて憲法で無効とする判決が下されました。

  そもそも「一票の格差、格差、格差」と騒ぎ立てるそのことに違和感を感じます。一票の格差を是正するには、当然、区割り是正による定数是正を行う必要があります。

  でも、以上のことに手を付けることで、一票の格差是正に結びつくのでしょうか。その動きは、どう考えても訴訟起こした有権者の自己満足としか思えません。

  現行では、福井、山梨、徳島、高知、佐賀県の定数が3区から二区に削減されるはずです。でも、私も高知県出身ですが、あの広い高知県を、一票の格差を是正するために3区を二区にすることがほんとに正しいことなのでしょうか。首をかしげたくなります。

  それでなくとも地方の人口は減る一方です。でも人口は減っても、生活の営みが行われていることに何の変りもありません。そのことを思うと、人口の多い都市圏の一票以上に価値があるはずです。

  皆さま、テレビでも結構、もちろん地方議会でも結構ですが、議会を傍聴された経験がありますか。ほとんどの“先生(議員さん)方”の質問が重複していることに気付くはずです。要するに、しょせん狭い日本、議員さんが多すぎるのです。だから、結局のところ同じ質問が繰り返されるわけです。暇ですね。

  だから、たとえば首都圏だから、と言って現行の議員定数が正しいと断言できないのです。

  そのことを思うと、一票の格差よりも、面積に応ずる議員配分を取り入れることも必要です。一票の格差、でも、現行の動きがほんとに正しいの?とよく吟味する必要があります。


スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント