FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

いとこの死で思うこと(1)

  私がまだ若いころ、いとこ(従弟)が3歳で亡くなりました。病気ではありません。当時、住まいの少し離れに田んぼがあり、そのそばに野井戸があったわけですがそこに落ちて死んでしまったわけです。

  母親(叔母)が家事をしているそのちょっと目を離したそのすきに、幼いいとこは家を出たあと魔の野井戸へと向かったわけです。

  子供のことですから、水を見れば当然、興味を持つはずです。当時まだ幼いいとこですから想像するには、井戸のそばでかがみこみ、そばにある何かを手にとっては井戸に入れてみるなどしているうちに、一瞬にして入り込んでしまったものと思われます。

  この時、息子の姿が見えなくなった叔母ですが、周辺を捜したもののその姿が見当たりません。慌てた叔母はすぐ行方不明になったことを警察へも届けました。このあと、警察もすぐ動いたもののその姿を見届けることができません。一時は誘拐されたのでわ、とのことさへも考えられたほどでした。

  この時私も近くにあった野井戸が気になりすぐ駆けつけたものの、その姿を見ることができませんでした。というのか、この時にはすでに、幼いいとこは野井戸に沈んでいたのですよね。でも、まさか井戸に沈み込んでいるとは、当時の私には想像もできませんでした。

  大騒ぎになってからどのくらの時間が経っていたのでしょうか。親戚の方が野井戸のそばにあった竹さおで井戸をかき回していると何かが当たっている感触に気付いたらしくて、それが井戸に沈み込んでいた幼いいとこだったのです。

  野井戸から引き上げたものの、すでに死んでいました。どうやら井戸に入った瞬間、ショック死されたようです。

  さて、私が言おうとしているのは、実はここからなんです。長くなりますので次回にしたいと思います。






スポンサーサイト



COMMENT

1. こんばんは

コメありがとうございます

えびすさんにちなんで、マグロが奉納されてるみたいです。

いつからなんでしょうね、マグロに小銭をひっつけるようになったのは・・・

EDIT COMMENT

非公開コメント