FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

解決してほんとによかった

深夜勤務のあったつい先日、TBSテレビが未解決事件の情報提供を呼びかけるための番組をたまたま見ることが出来た。

そのなかの一件の事件につて、当然、多くの方もご存知と思うのだが、あまりにも悲惨さを感じたので取り上げてみたい。それは2009年5月1日の夜、愛知県蟹江町で起きた殺傷事件である。

犯人逮捕の供述から明らかになったものだが、玄関が少し開いていた無施錠の玄関から入った犯人は、母親と次男を殺害後、さらに深夜帰宅した三男の首を刺したあと、なんと15時間も現場に居座っていたのだ。

翌朝、無断欠勤状態の会社が不審に思い二人の同僚が被害者宅を訪問。その後、警察へ通報するとともに双方が被害者宅を訪れたところ、まず負傷した三男が家から出てきた。このあとすぐ警察官が玄関を覗くと玄関座敷に居座る犯人を目撃をしたものの、これをもう一人の被害者と勘違した警察官は「大丈夫ですか」と犯人に声を欠けた後、一旦外に出てから本署に無線連絡をしている間に犯人にみすみす逃走されたわけである。

未解決のこの事件をTBSが取り上げた数日後、なんと昨日の新聞紙面に、犯人と思われる中国籍の男性容疑者が逮捕されたことが報じられていた。

それにしても、過去の事件を振り返ってみても分かるのだが、どうも中国人の起こす事件は荒っぽさを感じる。人間の一人や二人の命なんて、なんとも思ていないから怖い。

事件後も三男は、行くところがないので、との理由から事件の起きた自宅で生活を続けていたので、個人的にはすごく心配をした。それは犯人が再び忍び込むのではないかとの思いがあったからである。

起きた事件を元に戻すことはできないものの、とにかく犯人が捕まり、事件が解決してほんとによかったと思えた。








スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント