FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

衆院立候補した決断は正しかった

東国原氏が日本維新の会から衆院選に立候補することが新聞紙面で取り上げられていた。

東国原氏は宮崎県知事時代、宮崎県名を全国区に馳せたその功績は大きい。同時に宮崎県特産品のPRにも一役買うなど短期間で成果を残したその功績は、どなたも認めるところである。

氏は宮崎県知事立候補について劣勢を跳ね返して、見事に当選を果たした。ところが、わずか一期で知事の職を離れてしまった。それでも宮崎県民は東国原氏の貢献に感謝の気持ちが強くて、一期で投げ出したことなどどこ吹く風で理解を示した。個人的には、せめて二期は勤めたら、との気持ちが強かったのだが。

ところが、前回の東京都知事選挙に立候補。あえなく落選。国会議員に立候補するのであればまだしも、宮崎県知事の座を僅か一期で捨てたあと、東京都知事選に立候補したことに対してどうしても理解できなかった。

そしてこのたび、石原東京都知事が国政に出馬するために、東京都知事の座を辞職した。もしかすると東国原氏は東京都知事選挙に出馬するのではと思ったのだが、さすがにそれは避けた。

某雑誌が東京都知事選挙について50名の著名人に「私が支持する候補、落ちてほしい候補」のアンケートをとったところ、「ふさわしくない」の筆頭に東国原氏の名前が挙がっていたのだ。そのことを氏が理解したのかどうかは分からないが、さすがに東京都知事選挙への立候補はしなかった。

東国原氏は大阪維新の会と深い関わりを持ち続けて来た。このことを考えると仮に氏が知事選挙に立候補を表明したとするならば、これはもう風見鶏と思われても仕方がなかった。それは前回の流れがあるからだ。したがって、氏が衆院選立候補した決断は正しかったと言える。




スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント