FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

除草作業

自転車で日本一周をしたことで、いくつかの財産を残すことができました。その一つの関連行動として、つい先日のことですが除草作業を実践してみました。

北海道を自転車で走行中のことでしたが、広い歩道の中央に花壇があり、夏であったこともあり眩しいばかりの可憐な花が咲き誇っていました。

花壇の隅っこには、花壇を手入れをしている担当地区名が書かれた小さな木札が立ててありました。当然、担当地区によって育てている花も異なります。大阪ではあまり目にしない光景です。

この光景を見た私は、「一石二鳥だな!なるほど」と感じたものです。つまり、行政と住民の役割分担について考えさせられたものです。花壇を作るのは行政、それを管理するのは住民です。そこを通る人には、花を見る楽しみができます。

何でもかんでも行政に頼るのは過去のことです。国は勿論ですが、どこの市町村も財政がひっ迫しています。そこでリタイアした私たちに何かできることがないのか考えてみて、時には行動に移すことも必要な時代になってきました。

さて、私の住まいの一角、少々離れに北海道で目にしたような場所があります。でも状況はまるで違います。2年前に広い歩道が整備され、等間隔で桜の木が植樹されました。その空間には何かの花が植えられました。

初めは若い市の職員でしょうか?3人ほどで一生懸命除草作業をしていました。2年経った今ですが、雑草が生い茂り花が数本残っているだけで、ほとんどが枯れてしまいました。

そこで先日、広い歩道花壇の除草をすべく、必要な道具を買い、作業に取り掛かりました。その日は途中で要件ができたため、わずか2時間余りの作業で終わりました。ところが、その後が大変です。もともと腰痛持ちの私ですから、作業終了後、ひどい腰痛に悩まされたものです。

除草が終わるのに何日かかるのか目途が立ちませんが、とにかく最後まで除草作業を続けたいものです。北海道で見た花壇の光景が脳裏をよぎります。あのようになればいいのにと。

私も深夜勤務をする一方で、何か資格試験に挑戦してみよう、との心意気に燃えているこの頃です。なのでほんとは、常に時間を有効に使いたいと思うのが本音です。





スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント