FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

どうして民間の校長先生が必要なの

昨日は甥っ子の運動会、場所取りから一日が始まりました。本来は9月30日のはずが、台風17号の影響で延期になったものです。

それにしても、やはり平日の運動会は、関係者の参加が少ないので寂しいものです。それでも御天道さまが子供たちに晴天をプレゼントしてくれました。

私はそれでなくても肌が黒いのに、これ以上黒くならないと思えるほどに真っ黒になってしまいました。帰宅後、暫らくしてから、なんだか酒を飲んだかのように顔がほてるので、なんでかなと一瞬、考え込みました。日焼けのためでした。

運動会は学校行事のメーンイベントです。先生方も子供たちに怪我のないことを願いつつ無事に終わるまで気が抜けないはずです。運動会は、校長先生のあいさつで始まり、校長先生のあいさつで終わりました。校長先生も大変です。

ところで、近年、校長先生の要職に民間の方が登用されるケースがでてきたようです。当然、大阪でもあります。これについて私は、否定的な意見です。つまり、子供と長年携わってきた先生のなかから優秀な先生が校長職に就けばいいはずです。このことにどこか支障があるのでしょうか。

以前、民間から登用された校長先生が心労が原因と思われることで、自殺をされるという、とても痛ましい出来事がありました。

もともと教育現場での経験のない方が学校を仕切ろうとするところに無理があるはずです。先生方と軋轢が生じるのも当然です。先生方にもプライドがあります。20~30年、教育現場に携わってきたプロの先生に勝るはずがありません。

どうして民間の校長先生が必要なのか、どうも理解できません。


スポンサーサイト



COMMENT

1. 明けましておめでとうございます( ̄▽ ̄)ノ"

ブログ拝見させて頂きました(*´∀`*)勉強になりました☆彡次の更新も楽しみにしていますねo(*^ー^*)o

EDIT COMMENT

非公開コメント