FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

リスクの分散

「ミャンマー」、 軍事政権下で自宅軟禁をされていたアウンサンスーチーさんの住む国、と記すれば、すぐお分かりになるでしょうか。荒れる軍事政権下で日本人カメラマンが射殺された記憶がまだ残っています。これが今はすべて過去の出来事になりました。

先日のテレビで、ミャンマーに進出しているハニーズという縫製業者のことが少しの時間ではありまあしたが取り上げられていました。

韓国がまだ中国と国交正常化していない時代、このことも背景にあり韓国系企業が日本系企業よりもいち早くから進出をされていたそうです。日本系企業の縫製作業についてですが、日本系企業は小さなミスも見逃さないが、他国は小さなことは言わない、などのことが伝えられていました。

こうした日本系企業の仕事の厳しさを求めて入社をされる現地の女性のことが伝えられていました。それでも、一生懸命育てた人材が他企業へ引き抜かれることを悩んでいました。

日本系企業は利益を求めるだけではなくて、現地の病院や学校まで建設していることも伝えられていましたが、中国や韓国系企業は自分たちのことしか考えないことも語られていました。

ミャンマー国民は、どうやら日本国民に似たところがあるらしくて、規則正しく、真面目で率直であることも伝えられていました。

なお、現地では中国の洗濯機が日本製よりも1/2の値段で買えることも伝えられていました。

日本系企業にとっての最大の魅力は低賃金で雇用できることです。今、この国へ進出しよとしている日本系企業がすごく増えてきたそうです。

ご存知のように、尖閣諸島の日本領土国有化が発端となって、中国国内の日本系企業が手当たり次第に破壊されてしまいました。まさにやりたい放題の行状です。おまけにどさくさに紛れて賃上げまで要求する始末。恐らく日本系企業も根を上げたのではないでしょうか。

多くの日本系企業の関係者の方は中国の危険性について勉強をしたはずです。リスクの分散見地からも中国一辺倒から早く脱却をして、信頼できる国民性のもとに進出するべきです。





スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント