FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

人間の才能

定年後の私の読書にたいする意欲が衰えています。ひとつ言えるのは、限られた小遣いをけちっていることも事実です。せいぜい読むとしても、週刊誌や月刊誌(文藝春秋や正論など)でしょうか。

人との出会いにせよ、本との出会いにせよ、出会で自分の人生を大きく左右することさえあるはずです。残念ながら私にはそれほどの出会いはありませんが。

ところで本に関連することで最近、驚いたのが芥川賞を受賞された西村賢太氏と田中慎弥氏についてです。

当然、両作家のことをご存知の方も多くおられるはずですが、以前にも書いたことがありますが 西村氏の履歴は、中卒で元フリーター、おまけに親子二代で犯罪歴を持っていたようです。それが、藤澤清造(清の文字がこれではありませんが)作家の本(故人)との出会があり、今の彼にさせたようです。

彼が芥川賞を受賞するための執筆の際には、藤澤清造出身地である石川県七尾市まで出向き、作家の本に関するルーツを徹底的に調べたうえでお墓参りまでされたうえで、とにかく本をとことん読んだそうです。

誠に申し訳ありませんが経歴だけを知る限り、この青年が芥川賞を受賞できる人物になれるなど、多くの方が思わないはずです。でも彼は、見事に偉大な賞を勝ち取るに至りました。

さて、もう一方の田中氏ですが、この作家も高卒で元ニートで職歴なし。公立で入れそうなのは工業高校しかなかったことを本の中で語っています。とにかく勉強嫌いであったことまで触れています。

今の時代、編集者にとって手書き文章は受けがよくないようですが、それでもお二人の作家は手書き原稿を続けているそうです。

以上のことからもお気づきかと思いますが、人間の才能はすべてがその時で決められるわけではありません。勉強に取り組むための環境と意欲(集中力)で個人差が出てきます。それが30、あるいは40代になって現れることもあるはずです。



スポンサーサイト



COMMENT

1. こんにちは。

いつも興味深く拝見させていただいています(^-^)
恥ずかしながら、どちらの作家さんも存じ上げませんが、お2人の経歴にビックリしました!
人間の才能はすべてがその時で決められるわけではない・・・というshoutohausuさんの言葉にすごくやる気をもらいました! 一度きりの人生、自分の可能性を信じて何事にも取り組みたいと思います。 どうもありがとうございました(^人^)

2. はじめまして

西村、田中両氏は惹かれる作家です。

箸が止まらぬ魅惑のコンビです。

EDIT COMMENT

非公開コメント