FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

尖閣諸島について(独り言)

前回のブログの最後に、尖閣諸島につて「きな臭い動き」ということばを使いました。どうも、私の想像したとおりに日中間が動いているようです。

日本政府は、尖閣諸島の国有化を宣言しました。これに対して中国政府(国民)も当然、尖閣諸島は我が国の領土であると、反発しました。

メディアを通じてですが中国国内での日本に対する動きはお分かりだと思いますが、中国国民の感情はもうすでにオーバーヒートして爆発寸前です。

そこで、私がいちばん心配するのが、様々な国民の動きを後ろ盾として中国政府が最後は力ずくで尖閣諸島を実効支配する構図です。

中国政府も外交手腕は日本以上に長けているので、意味もなく力ずくで国土を奪うことはしないでしょう。そこで今後予想される中国国内の動きですが、漁船などを使って漁民が尖閣諸島へ強硬上陸することです。このことがいちばん心配することです。

このようなことが起これば、日本も当然、上陸阻止の動きをとらざるを得ないでしょう。主権国家だからです。それをしなければ他国から日本は見下されてしまいます。すると、ともすれば、双方にけが人の出ることも予測できます。こうなれば、中国政府も漁民を見殺しにできないので、漁民を守るための行動であることを世界に情報発信(自国の正当性)をしたうえで、最後は軍事力の行使を使ってでも尖閣諸島上陸を試みることもあり得るはずです。

中国の軍事行動を抑止できるのは米国です。でも今の日米関係のあり方では米国に我が国を守ってくれることは期待できません。

外交交渉は、すべてが駆け引きです。駆け引きの盾となるのが、その国の軍事力と経済力です。そのことを考えると中国と衝突することだけは避けなければなりません。

ここで考えてみる必要のあるのが、日米関係のゆるぎない同盟関係を構築しておくことです。その一方でできるだけ国内の購買力を高めることでデフレ脱却をさせることです。そのためにはとにかく国内商品を買うための努力が必要です。これ以上、中国一辺倒に偏ることはすごく危険なことです。中国以外の信頼できる国に目を向けよう。




スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント