FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

男はこうでなければ!

20日未明に米コロラド州の映画館で起きた銃乱射事件については、すでにご存知かと思います。この事件に関連するニュースとして、朝日新聞朝刊で「私を守り、恋人は逝った」との見出しで掲載されていました。

恋人と映画を観賞しているとき犯人が銃を乱射したわけですが、このとき彼氏が彼女の身を守るため彼女の体を覆ったために、彼氏は破弾し、間もなく息を引き取っています。一方、彼氏の捨て身の行為により、彼女の命は救われたわけです。

このあと、男性の父は「『そうすべきじゃなかった』と両親は思っているのでは、と思われるかもしれない。だが、もし彼女を助けられなければ、彼は生きてはいられなかっただろう」。

このことばを記者の前で伝えた父は妻の肩を抱き寄せたことが伝えられています。

昨日のブログで私は、甥っ子のことをこきおろしています。実は、甥っ子には、「男たるや、いざというときは、我が身を捨てる覚悟で彼女の命を守れ」。このことも伝えておこうと思っています。

本題から外れますが、今、問題になっている学校でのいじめについても、同じことが言えます。困っている人を見たときは、仲裁に入るのは当然の行為です。

「男はこうでなければいけない!」。朝から、素晴らしい記事を拝見することが出来ました。甥っ子と、とことん話そう。



スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント