FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

関西でも行え脱原発集会を

昨日(16日)、東京代々木公園で脱原発市民集会「さよなら原発10万人集会」が開催されています。参加者人数は警察発表と異なりますが、主催者発表では約17万人になっています。

集会には著名人も参加されるなか、原宿、渋谷、新宿の3コースに分かれてデモ行進が行われています。

福島第一原発事故後、ご存知のようにドイツはすでに、脱原発を掲げました。また、イタリアについても国民投票の結果、脱原発の指針が示されました。最も、両国とも日本と異なり、お隣りのフランスから電力融通が出来る、との国情の違いはありますが。他いくつかの国においても脱原発デモが盛んに行われました。

翻って当事国・日本の動きを見ると、抗議行動らしきデモが最近に至るまで行われていません。事故当事国であるにもかかわらず、なんの行動も起こさなかったことに違和感すら覚えたものです(私もその一人になりますが)。だから電力会社や一部政治家が好き勝手なことを発信してきたのです。

ここにきて「やっと目覚めたか日本国民!!」、個人的には、このような心境です。

「即、原発を止めよ!!」とは申しませんが、少なくとも国が電力供給の在り方について、たとえば、2年以内にはこれをして、最終的には5年以内にはこのようにさせます。と言った指針を示すべきです。それをしないで、「電力不足、だから原発再稼働」させます、では国民が原発再稼働に理解を示すはずがありません。

今回の集会で政府と電力会社の学ぶべきことは、もうこれ以上国民をだましたり、国民の声を無視することができなくなったことです。関西でも行え、脱原発集会を。

スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント