FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

野良猫とカラスの捕り物帳

ワンコウの散歩も自宅間近にして、カラスのしきりに鳴く声えが聞こえてきます。周辺に目を凝らすと、親切な方が置いた餌を一匹の野良猫が夢中で食べています。そのすぐそばには、二羽のカラスがいます。

その様子を携帯で一枚撮ってやろうと距離を縮めると、私の行動に警戒したカラスはその場から飛び立ちました。

私も一旦距離を置き、再度観察をしていると、飛び立ったカラスが再度、猫のそばに飛び降りてきました。すると、一羽のカラスが鳴き声を発しながら、くちばしでついばむように猫の尻尾をしきりにつつきます。猫に警戒心など一切ありません。その様子から、カラスの方が猫に「そこから出て行け」とばかりに威嚇をしていることが見て取れます。カラスが猫の餌を横取りしようとしているのです。

猫も餌を食べるのに必死です。その一方でカラスに尻尾をつつかれるのがうっとうしくなるのか、食べながら尻尾を上下左右に振り回しながら、我、感知せず、とばかりに餌を食べています。

すると、さすがに猫の堪忍袋の緒が切れたのか振り返って「にゃん!!」とカラスに一括したものだから、二羽のカラスもさすがにその場を飛び去りました。

以前も同様の光景を見たことがありますが、その時はカラスが数羽いたので、さすがに猫の方が退散したものです。今日は二羽と言うこともあり、カラスの方が飛び去りました。

まるで野良猫とカラスの捕り物帳のようでした。






スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント