FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

海面に浮かぶゴミ

大阪・泉佐野市~淡路島・津名港間を結ぶフェリーが一昨年まで運航されていましたが、日増しに利用者が減少するなかで、やむなく航路廃止になってしまいました。


航路廃止前のことでしたが四国へ行く要件があり、昼間の時間帯でしたがこの定期航路を利用したんです。


乗船後、昼間のことなので退屈しのぎにデッキへ出てみたんです。


船は、岸壁を離れるとやがて関西国際空港への連絡橋の下をくぐり抜けながら進んで行きました。デッキから眺める連絡橋のデカさに驚きながら時間が過ぎ去ってゆきました。


そのうち船も港を遥かに離れてしまうと景色も視界から完全に消えてしまったので、次は船体が蹴散らす波しぶきを見詰めていたんです。


すると、ゴミ(プラスチック・ビニール袋等)が海面をポカポカと浮かんでいるではありませんか。そのゴミのけっこう多いことに驚いてしまったんです。港周辺なら少しは分かりますが、港から遥か遠い海面に多くのゴミが浮遊してるんです。海面でもこの有様ですから海底にはもっと沢山のゴミが沈んでいることが想像できました。


人びとが何気なく捨てたゴミが、大雨になるとやがて近くの川へ流れ込み、そのゴミは海へと流れ込んでいるんですね。多くの方は、ここのところは理解しているはずなんでしょうが、現実に海には沢山のゴミが浮かんでいるんですよ。どこか後進国の話であれば、驚きだけで終わるのでしょうけれども、日本ですからね。


昨日のタバコの問題と同様で、どこだか環境問題に熱心な国民のように、子どもたちに学校の授業を通じて徹底的に考えさせてあげることが必要でしょうね。


そのためには、子どもたち全員に海洋視察をさせてあげることも大切でしょう。子どもたちが海面に浮かぶゴミを見れば、大人になってもゴミのポイ捨てはしなくなるんじゃないですか。





スポンサーサイト



COMMENT

1. 無題

おはようございます。綺麗なつばきに魅せられました

EDIT COMMENT

非公開コメント