FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

野党の動向を見守ろう

野田首相は、消費税を段階的に10㌫まで引き上げることを、不退転の決意で臨むとのことを表明しました。

多くの国民が思っていることでしょうけれども、この時期に消費税を引け上げることが、ほんとに正しいのか否かについて戸惑っているのが本音ではないでしょうか。

ただ一点言えることがあるとすれば、日曜日のNHK討論番組のなかで岡田副総理が発言したように、まずは、「国会議員の歳費7.8㌫の削減」並びに「国家公務員給与の平均8㌫カット」の実現後に消費税の引き上げを国民に向けて提案するのが筋であったと思うのですが。で、もう一点付け加えるべきことは「議員定数削減」でしょう。

前橋下大阪府知事は、現職時代に職員の退職金カット、その後、給与もカットされました。この点について当時の橋下知事は、国家公務員についてもどうして給与カットしないのか、について事あるごとに苦言を呈していたようです。

この事実・発言を考えると、当初、野田首相が踏もうとした手続きが逆であったように思うので、どうも理解に苦しみました。が、さすがに多くのコメンテーターの方々による様々な苦言が首相の耳に入るにつれて、手法の誤りにやっと気付いたようです。

その結果がこの度の岡田副首相の発言となって現れたことは間違いありません。

ただ、次は与党が提案しようとしている骨子について、野党側が真摯に受け止めようとせず、なんだかんだと言い分けをして駄々をこねそうな雲行きになってきました。

消費税引き上げは、我々庶民の生活に直結することですから、かりに引き上げるにしても、政権与党の提案しようとしていることが絶対条件です。今後の野党の動向(取り組み)に注目をしておく必要があります。

なにが正しいのか?・・・このままでは近い将来、日本もギリシャ同様、沈没してしまうよ~

信用のできる政治家(国会議員)のいないのが辛い!!



スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント