FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

日本の漁船が遭難していたら

今日の南大阪は、昨日と打って変わって肌寒さを感じます。なんでも夕方から明日にかけてはかなりの寒さになるそうですね。

昨日はいつもと同様のコースをウォーキングでした。翌朝になっても、足に疲労が残らなくなりました。死ぬまでに最後は四国八十八カ所お遍路参りを敢行させたいとの思いがあります。

さて、少々書き込みが遅くなりましたけれども、

北朝鮮の漁船が小さな船で漁ををしていたもののエンジンが故障したため、漁船は日本海域である島根県・隠岐諸島沖まで漂着してきました。

この船の乗組員4人(一人は死亡)の取り扱いについて、最終的には日本政府と北朝鮮政府が協議の結果、本人たちに脱北の意思がなく帰国を望んでいることが明らかになったことから、その意思に沿って中国ルートを通じて北朝鮮に引き渡されたようです。

日本政府の取った一連の行動は、人道的見地からして至極当たり前のことです。これが国家間における儀礼でもあるはずです。

しかし、その人としての常識さえ通用しないのが今の北朝鮮政府です。かりに日本漁船が今回のように北朝鮮海域に漂着していたなら、北朝鮮政府はどのような対応をしてくれたのでしょうか。

もしかすると最悪、日本側にその事実さえ知らされないまま、すべての事実が闇に葬られていたかもしれません。

いずれにしても、この度の日本が取った一連の対応が、日本人拉致被害者の帰国につながるための何らかの糸口になることを期待するものです。

北朝鮮政府の今後の言動や動向について、日本人としてしっかい見極める必要があります。
スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント