FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

旅の画像、№34(北海道初山別村~稚内市)

旅の画像、№34(北海道初山別村~稚内市) <北海道周回8日目>

8月15日(日)、この日の移動は、日本最北端の地である稚内市でした。自転車の旅を通じての大きな目標地点です。

昨夜のキャンプ場を7時頃に出発。ところが1時間ほど走行した地点で、この旅8回目のパンクです。昨日2回のパンクを繰り返したばかりです。さすがにパンクの原因の一つに、タイヤの劣化にある、と判断。予備タイヤ2本持参のうちの1本、この旅、初めてのタイヤ交換でした。予備タイヤが自転車店にないんですよね。この時点で、予備タイヤは1本になりました。

稚内ノシャップ岬には、15時頃に着くことが出来ました。夕食の後、市内にある「港の湯」の温泉を訪れました。お風呂は、港のそばにあり、浴槽から港が一望できました。施設は新しくて清潔でした。一階には食堂や様々なお店があり、賑わっていました。とてもいい施設でした。ここで泊まることができればと、ふと、わがままなことを想像しました。

入浴してみると多くの外人さんが見受けられました。「どうしてなんだろう~?」との素朴な疑問が?入浴の時に地元の方に尋ねてみたところ、どうやらロシアの船員さんであることが分かりました。ロシア側から稚内の港を通じて、様々な海産物が輸入されていたんですね。

さて、お風呂から出てみると、なんと雨が降っているではありませんか。おまけに寒さも加わってきました。雨と寒さ、どこかの軒先で寝るなんてことは、とてもではありませんが出来ません。そこで地図上に表示されてあるライダーハウスを探すべく、雨の中を急いで出かけました。なんとかうまく探し当てることが出来、駆け込みました。その直後、大雨でしたからね。危機一髪、ほんとに助かりました。700円での宿泊でした。寝袋を持参しての就寝です。やはり家の中はいいよね。

管理人の方が、人当たりが良くて、ほんとに親切でした。また立ち寄りたい、そのような気持ちになりました。

部屋を見渡すと壁には、過去、ここを訪れた旅人の記念写真や手紙、様々な思いを綴った用紙が壁に貼り付けられてました(下記の写真)。ライダーハウスの歴史の重さを感じました。また壁には日本地図も張り付けれれていました。それを見詰めて私は、我ながら「なんとよくここまで走ったもだ・・・」と、驚きました。でも、実際は、まだこれからが走りの本番だったんですよね。





稚内市街へ近付くにつれて平地も多くなり、牛の放牧の景色も目立ってきました。
この風景をみると、さすがに北海道の雄大さを実感します。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ



$自転車で日本一周を達成したオヤジ



$自転車で日本一周を達成したオヤジ



$自転車で日本一周を達成したオヤジ



$自転車で日本一周を達成したオヤジ



やっと着きました稚内市、ノシャップ岬で。ほんとに嬉しかったですね。
旅のひと区切りでした。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ



$自転車で日本一周を達成したオヤジ



$自転車で日本一周を達成したオヤジ



$自転車で日本一周を達成したオヤジ



人生初めての体験です。ライダーハウスでの宿泊です。でも、時代とともに利用者にも変化が見受けられるようになったそうです。昔は、夜を徹して語り合ったそうですけれども、近年は、お客さんも携帯電話に夢中になり、語り合う時間がまったく見られなくなったそうです。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ



壁を見てください。利用者・皆さんの写真や感想文が、壁に付けられていのが見えています。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ



部屋の内部は、こんな感じです。私がお世話になった時は8名ほどでした。
雨とともに数名の方が駆け込んできました。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ




ライダーハウスの正面です。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ



$自転車で日本一周を達成したオヤジ




爺です。貴重な旅の写真の1枚です。不自然ですけれども、決してカツラではありませんよ。
翌朝、東京から来られていたライダーのお兄さんが写してくれました。
お別れの時、「熊に食べられないように・・・」との軽いジャブをお受けいたしました。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ



$自転車で日本一周を達成したオヤジ



スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント