FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

旅の画像、№33(石狩市~初山別村)

旅の画像、№33(石狩市~初山別村) <北海道周回7日目>

8月14日(土)、この日も晴れの天気でした。6時前に出発。この日、目指す移動場所は、稚内の手前になりますけれども、留萌を通り過ぎると初山別村役場がありこの少し離れにある「ロマン街道しょさんべつ道の駅」でした。この一角にある「みさき公園キャンプ場」でテントを設営しました。

キャンプ場のすぐそばには「岬の湯」がありましたので、とても助かりました。

この日、目的の場所へ着くと、なんと札幌市内を走行中に出合った岐阜県出身の大学生と再会することが出来ました。

お互いが再会のことばを交わしたあと、早速テントを近くに設営です。そこで翌日に備えて自転車を点検。ところが彼、ここで前後輪のタイヤ及びチューブ交換までしました。

でも彼の目的場所は、稚内を通り越しての宗谷岬まででした。その後は、電車で輪行しての帰省です。ですから本来は、あと二日未満の走行ですから、異常がなければ触らない方がベターだったはずです。彼はチューブ交換をする過程でチューブに何カ所も傷を付けてしまいました。至るところに穴が開いたんですね。交換チューブも同様でした。

ま、このようなことを経験しながら、なにかを学ぶはずです。これは、卓上の計算ではありません。彼もなにかを実感されたはずです。他にも大学生がパンクをした時点で走行を放棄したことの話を聞きました。余りにも無防備なんですね。事実、大学生が空気入れさえ持参せずに走っていましたから。

岐阜県の大学生は、幸い私が空気入れを持参していましたので、パンク修理を手伝うことでなんとか修復することができました。この後は、揃ってお風呂で疲れを癒しました。

ところで、この日の移動中、私自身も2回ものパンクに見舞われました。この旅を通じて7回目のパンクです。6回目のパンクが14時40分。このあと7回目が、なんと16時30分でした。2時間もしない間にパンクを繰り返しました。再び心が落ち込みました。







走行途中にパチリ。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ


$自転車で日本一周を達成したオヤジ



$自転車で日本一周を達成したオヤジ



後ろを振り向き、パチリ。「随分走ったな~」、ひたすら走り続けます。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ




$自転車で日本一周を達成したオヤジ



$自転車で日本一周を達成したオヤジ


$自転車で日本一周を達成したオヤジ



左が私のテント。右側が岐阜県出身の大学生のテントです。
とにかく若い方と語り合えるのがいいですね。
テント中間の向かいに目える建物がお風呂のある「岬の湯」です。
ここで夕食も済ませました。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ



管理棟です。到着の時及び出発の時に管理棟は不在でしたので、結果として無料?になりました。
どうも申し訳ありませんでした。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ



岬ですから管理棟のあるところは高台です。そのそばには、天文台もあります。
見晴らしの良いところでした。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ


$自転車で日本一周を達成したオヤジ




スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント