FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

東電の責任

一般国民の多くの方が原発事故が起こるまでは、原発に対する危機感について希薄であったように思います。


皮肉にも、地震発生により東電の原発管理に対するずさんさが様々な面から露呈されています。


なにがなんでも原発事故を起こさない、との使命感に欠けていたよう思います。この度の事故は、そのつけです。その結果として、周辺住民を初めとする東北地方の多くの住民の皆様に、様々な面から過酷な生活を強いらせています。


それでなくても被災者の方々は、地震で全てを無くしてしまいました。身も心もボロボロです。もうこれ以上の苦労や辛い思いをさせてはいけないはずです。そのためにも東電が今するべきことは、事故対応は当然のことですけれども、被災住民へ見舞金なるものを手渡してげるこではないでしょうか。


役場を通じて一律にいくら支払えば良い、ということではありません。


同時に、時間の経過とともに明らかになってきたのが、東京電力の原発に対する危機管理について、手抜かりがあったようにも見受けられなりません。臭いところには蓋をする、そのことに奔走して、結果として地震対策について無防備でした。


また一方で、テレビで見る原子力安全・保安院の会見についても、なんだか責任感に欠けています。これまで、東電に対する厳しい監督責任が成されていなかったのではありませんか。余りにも、人ごとのように平然とした報告に、見ていても違和感を感じます。政治家も同罪です。



原発事故に対する東電の責任には重いものがあります。





スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント