FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

旅の画像、№7

旅の画像、№7




7月13日、静岡県沼津市原町中にある「天然温泉ざぶん」です。


この日は夕方から激しい雨となりました。地元の方からの情報によりたどり着いたのが、天然温泉ざぶん、と言う温泉でした。営業は翌朝の1時まででしたので閉館後の時間調整をどこでするのか一瞬、悩みましたけれども、幸い近くにマクドがありましたので、ここへ入り込んで朝まで粘ったんです。ですから、またもや一睡もできませんでした。


退館するときに、温泉の1階で別のお仕事をされていた若い女性とお話をする機会がありました。

有り難いことに、私の日本一周を知り、「とても嬉しいです。勇気を頂きました・・・」と随分、喜んでいただきました。嬉しかったですね。あの時の女性、どうしているかな? オヤジ、日本一周を達成しましたよ。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(H22年11月15日 日本一周を完走)






写真は7月14日、「天然温泉ざぶん」を出発した後、静岡県沼津市口野にある交差点(写真前方)です。伊豆半島へ向かうための交差点です。この交差点へ入ると同時に荷台が破損して、動かすことが出来なくなったんですよ。このときは体の力が抜けてしまいました。いや、これで終わりだな・・・とさえ思いました。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(H22年11月15日 日本一周を完走)






交差点のすぐ近くにある民宿「商い家」です。ここのご主人に随分お世話になりました。軽トラックの荷台に自転車を乗せて、修理をするために心当たりのところを駆けまわってくれました。


でも結局、修理は不可能であることが分かると同時に、大型店舗の自転車店でも荷台を取り寄せるためには、一週間が必要であることがはっきりしたんです。


やむを得ず、商い家のご主人にお願いをして荷物はこのお店から宅急便で、自転車は自転車店を通じて梱包したうえで大阪へ配送して頂きました。同時に大阪のお店を通じて荷台の手配をしたんですね。いきなり思わぬ試練でした。一瞬、日本一周を諦めかけましたよ。だって大阪まで帰るわけですからね。とにかく荷台の破損なんて、私の頭の中には全くありませんでしたから。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(H22年11月15日 日本一周を完走)





そして、修理完成の後、再びこのお店へ無理なお願いをしたうえで、全てをお店へ配送したうえで私は新幹線でこのお店へ移動したんです。そしてちょうど一周間後、このお店から再出発させて頂くことになりました。このご恩がなければ、あの時点で日本一周の夢はとん挫していました。ほんとに有り難かったですね。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(H22年11月15日 日本一周を完走)








スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント