FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

牛ふん積み肥(堆肥)製造工場を見学(二回に分けてご報告)

 <牧場を見学,御報告1>



昨日は、友人が経営しておられる牧場を見学させていただきました(グリーン産業株式会社)。



現在、牧場で飼育しておられる牛は200頭です。



お父様が健在のころ一代で築きあげた牧場を、今は亡きお父の後を御兄弟が力を合わせて継承されています。


御兄弟が牧場経営を役割分担。お兄様の方は、牛の飼育を担当。つまり牛乳の製造・販売を一括担当されています。



製造後に出荷先は、森永乳業です。



一方、友人である弟様は、牛フンから積み肥(堆肥)を製造するための加工・生産を一手に引き受けてお仕事をされています。積み肥(堆肥)完成後は、販売先への配達までされるんです。時には外交までも。とにかく良く働きますからね。



と、言うわけで、昨日は、牛フンから積み肥(堆肥)を製造するための加工・製造工場を見学させていただきました。



見学工程のご報告は、明日お伝えさせて頂きたいと思います(ご期待ください)。



ところで、弟様が製造された牛フンからの積み肥(堆肥)の製品が、平成22年1月20日にみごと「最優秀賞」という栄えある賞を、受賞されています(下の写真)。



これは、毎年大阪府下の酪農家を対象として行われるもので、毎年3事業者の方に栄えある賞が授与されます。


賞の内容は、次のとおりです。ちなみに、昨年は、優秀賞を受賞されています。


最優秀賞: 1名

優 秀 賞: 2名



審査方法ですが、製造された積み肥(堆肥)のサンプルを担当者が数回に分けて取りにきます。そのサンプルを厳正に検査したうえで、審査が行われて賞が決まることになります。



製造工程や商品のご紹介につきましては、改めて明日のブログでご紹介させて頂きたいと思います。



彼は、受賞したことについて「誰でも作れますよ」、と事も無げに返答されていましたが、決してそのように簡単に製造できる物ではない、と思ったのですが。そこのところは明日ご報告いたします。



多くのことを語らない彼なんですが、東京の大学で4年間、学んでいます。このことが基礎となり、今、開花しているように思いましたね。


                        

                     最優秀賞                          

自転車で日本一周を目論むオヤジ



それじゃ~また明日お読みくださいね。








スポンサーサイト



COMMENT

1. ありがとうございます。

いつも、ぺタをありがとうございます。
楽しく、拝見させて頂いています。
知らないことを学ばせて頂けて勉強になります。感謝_。
また、寄りますね!

EDIT COMMENT

非公開コメント