FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

誤解

昨年暮れから今に至るまで、どうも病院との縁が切れません。



嫌ですね。



昨夜、甥(小学二年生)を我が家で預かっていたのですが、21時15分頃、急にお腹が痛くなったことから、またもや病院へ。


帰宅したのは、1時すぎになっていました。


ところで今日は、昨夜の診察後の会計窓口においてのオヤジと会計の方との会話について、ちょっと綴ってみます。



彼 「○○さん」



オヤジ「ハイ」



彼 「○○○○円です(実は、計算を間違っていましたが)」



オヤジ「(甥の傍に置いてあるお金を取りに行くために、窓口を離れようとする)」



彼「どこへ行くんですか」



オヤジ「そこにお金を置いているので、取りに行くんですよ」



彼「どこへですか」




オヤジ「そこですよ」



ま、ざっとこのようなやり取りをしたあと、支払いを済ませたんです。



このとき、オヤジの心に突き刺さったのは、会計窓口の男性が治療代を聞いたオヤジが、代金に驚き踏み倒して病院から帰ってしまうと思われてしまったことなんです?



もしかすると過去、未払いで帰られてしまったことが実際あったのかもしれませんが。



でも、オヤジとすれば、かなり気分を損ねましたよ。



いくらなんでも支払い後、処方箋をもらい、薬局の窓口で薬を頂くまでは帰宅できないでしょ。こと子どものことですからね。



そのためには、支払いをする必要があるわけですから。



ちょっとした行動、ことば、によって相手に思わぬ誤解を生じさせるんだな、とつくづく思い知らされた昨夜でした。








スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント