FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

青函トンネル体験坑道

龍飛崎へ着いたのが午後3時30分でした。寄り道をした後、青函トンネル記念館に着いたのが午後4時前です。
体験坑道へ入るための最終時刻である午後4時03分に辛うじて間に合うことができました。

ただし、とても残念なのが、青函トンネルの海底を走っている列車を見学することができませんでした。最終であったからなんですよね。ちょっと心残りな気分でした。

さて、青函トンネル記念館駅からケーブルカーに乗車をします。

出発になると閉鎖されている鉄扉の門扉が開きます(上へ上がる)。 あとはケーブルカーが軌道の上をゆっくりと、ゴトゴトと海面下140メートルまで下がります。とてもスリルがあります。山頂へ上るためにケーブルカーに乗ったことはありますが、海面下へ向かったのは初めての体験です。

海底トンネル駅へ着くと下車をしてから、案内の女性から説明を受けます。坑内はとてもヒンヤリとしていました。

青函トンネルが造られることになった理由は、航行中の連絡船が台風のために沈没をしたことが発端となり、トンネルの採掘が考えれるようになったようです。

当初のトンネルの場所は下北半島側が考えれたそうですが、調査の結果、地質的に向いていなかったらしくて、津軽半島側になったそうです。

トンネルの全長が53k850m。

労働者数:1370万人
死傷者数(殉職者):
本州側が18名
北海道側が16名
負傷者が1424名


機会があれば皆様も、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100829160214.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100829160512.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100829160349.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100829161525.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100829162724.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100829163001.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100829163052.jpg





スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント