FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

日本一周中の女性と出会う

昨夜は新のひだか町内にある「みついし道の駅」の芝生の片隅にテントを設営いたしました。

昨晩、この度初めて7名もの方が同じキャンプ場を使いました。大勢の方が集まると色々な話題に事欠かなくて、なんといっても楽しいですよね。
でも、夜が明ければ個々の目指す目的地へと向かうんです。

目的地を決めるのはいつも前の晩なんですけれでも、今夜の宿泊場所は数日前に決めていたんです。
決定の理由は走行距離とお風呂、今回は雨も想定していたんです。

それがどうでしょう、走行途中の午後1時すぎになると土砂降りの雨になったんです。

半袖で走行していましたので震え上がりましたよ。余りの寒さに途中、どこかの一階車庫で薄目の長袖を着込みました。

という訳で今夜は、24時間営業の温泉で宿泊をすることにしました。

さて、今日移動途中に日本一周中の若い女性に出会いました。

関東在住の女性なんですが、なんでも4月に出発をしているらしくて四国は周回したらしくて九州へ移動するつもりだったらしいんですけれども、北海道へ軌道修正したようなんです。

様々な方と遭遇しましたけれども、自転車で日本一周を目指している女性に出会ったのは初めてです。

当然、母親は心配をしているらしくて、宿泊は必ず宿にするように、と忠告を受けているようなんですけれども、彼女は途中でテントを一式買ったそうなんです。

日本一周、この度自分が行動してみて思うことは、理想と現実の違いに身を持って感じているところです。

したがって女性が単独で日本一周を行うことは、並大抵の心意気と体力が必要であると感じているところなんです。

加えて男性と違って身の安全も考えた上で移動しなければなりません。

彼女の精神力に、心から敬服しましたよ。

自転車での日本一周は、女性には過酷であると思ったんです。それを彼女は否定しているんですよね。また新たなファイトのエネルギーを得ました。

次の写真は昨夜のテント設営です。後方のテントは3晩ともにした関東の大学生二名のテントです。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100823050427.jpg
スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント