FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

2カ月余り続く咳

 二カ月余り続く咳について

 ①咳の初期段階 
 毎年、花粉飛散時期に合わせるかのように出る咳。今年も3月17日でしたが恒例のごとく咳が出始めました。

 「嫌だなぁ~」と思いつつも薬が必要なので病院へ行きました。予想どおりですが、コロナ扱いされました。それでも、何とか診察を受けることだけは出来たのですが、聴診器は当てたものの喉の状況確認はしてもらうことが出来ませんでした。でも、このような時期なので止むを得ません。取りあえず、最長1カ月分の処方箋を頂き帰宅したのです。

 同じお薬ですが昨年は二週間分服用することで、咳が完治しました。なのに、今年はあと一歩のところでどうしても咳が止まりません。

 1カ月分のお薬でしたが、それもあと数日分しか残っていない状況です。更に追加の処方箋を頂くため、次は電話を通じてでしたが担当医と応答しました。その結果、更に1カ月分のお薬を頂くことができたのです。ところが、今回の咳は止まりません。これ以上薬を服用し続けると、逆の意味で「ヤバイ」と思い、最後は、歩くなどによる体力維持に努める一方で、何とか免疫力を取り戻そう、と考えたのです。つまり、自身の持つ治癒能力を信じたのです。しかし、10日ほどすると、逆にきつい咳に襲われるようになってしまったのです。

②咳の第二段階
 咳が再発したので、手持ちの薬を飲みました。すると、少々咳の出方が解消されたものの、どうしても治る気配が見られません。そこで、ネットを通じてでしたが家族の勧めもあり、5月16日(土)、別の病院で受診することにしたのです。

 病院に着くと、自動扉に「熱や咳、倦怠感のある方は・・・」インターフォン、もしくは携帯電話にて受付と連絡を取ってください。の張り紙がありました。その結果、院外で少々の順番待ちでした。

 名前が呼ばれました。やっと診察の順番です。すると、院外別の通路から完全防護服を身にまとった看護師さんが現れました。看護師さんに同行すると、その前方に見えたのが特設のテントでした。

 特設テント内の診察室に通されると、椅子に座る医師が待機しています。医師も当然、頭の先から足元に至るまで完全装備です。目も完全に覆っています。院内感染のことを思うと、かかりつけの病院と同様、特段の違和感を感じるこもありませんでしたが。ただ、ここでも聴診器の診察はしたものの、それだけのことでした。何となく、もやもや感でしたが。

 この時期、熱があったり、咳が出てたり、で病院へ行っても入念な診察は望めません。
 <次回は、根性の座った医師について書きます。コロナなんて何のその?>


スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント