FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

度胸と根性の座った院長

 咳について

③咳の第三段階
 3月17日から始まった咳が止まりません(5/18 現在)。なのに、かかりつけの病院は、コロナによる院内感染を恐れて診察をしてくれません。そこで思い切って別の病院で受診後、薬を服用したものの今一しっくりしません。

 5月15日でした、弟から電話がかかりました。この時の会話中、お腹のみぞおちから突き上げるほどの苦しい咳込みが連続して出てしまったのです。

 激しい咳を心配した弟が、ずっと以前から信頼している自身かかりつけの病院を紹介してくれたのです。18日(月)予約を入れたから来るように!との再度の電話がありました。ただ、この時の私は「咳をしている状態で、どこの病院へ行ってもコロナ扱いされるだけで、結果は同じ」の心境でした。

 さて、予約当日です。病院を訪れてみました。これまで、二つの病院でコロナ扱いをされているだけに、戦々恐々の心境でした。ところが、弟が医長に直接下話をしてくれたこともあるはずですが、それにしても何の規制も受けず初診受付を済ませることが出来たのです。

 初診者向けの質問事項を書き終えると、検温です。当然のことですが咳は続いているものの平熱です(3月13日頃から続いている咳ですが、倦怠感も全くありません)。

 診察室に呼ばれました。すると医師は、マスクのみで、まったくの無防備と思われる身構えで椅子に座っています。弟からの事前説明があったとしても、随分、度胸と根性の座った院長であることに驚きました。看護師さんも同じでした。心の中で感謝をしたものです。

 問診の後、聴診器で検診を終えると、気がかりだった口内も見てくれました。このあと、受付時、レントゲンの希望を申し出たこともありますが、医師が「この際、気になると思うので、レントゲン&CT、血液検査もしておきますか。そうすれば、安心でしょう」と提言してくました。

 診察についても結構、丁寧な問診を受けた上で、慎重に薬を選んでくれましたね。

 数種類のお薬の処方箋を頂くと、当日の午後から服用しました。

 過去の咳は、就寝中になると少なくとも止まっていたのですが、今回は就寝中でも時々咳が出るのです。時には、お腹が苦しくなり起きることもありましたから。この頃からですが、いつもと違う咳だ、と感じていたわけです。

 診察後の21日(木)の夜からでしたが、咳き込む回数も減ってきました。実は、この日だと思うのですが血液検査の結果について病院から私に伝えるべきことがあったため、私の携帯電話に連絡をしてくれたのですが繋がりません。理由は、問診用紙に記入した時の記載ミスの為でした。

 22日(金)の夜8時を過ぎると、珍しく20分ほど咳が続きました。それまで服用していなかった「咳が止まらないとき」に服用する薬を飲んだところ、これを機にして?昼夜の咳がほぼ止まってくれました。このあと、軽い咳の時もこの薬を飲んでみました。

④咳の第四段階、再診
 25日(月)は、採血検査の結果日です(再診日)。弟が1番の予約を入れてくれましたので、この日も待ち時間なしで受診をすることが出来ました。

 診察が始まりました。すると院長から「感染症の疑いがありますね。でも、前回のレントゲンとCT結果では、異状は見られなかったのやけどなぁ~?」伝えられたのです。

 「感染症」の言葉&意味について、多少の理解はできるものの説明はできません。半信半疑でお聴きしたものです。体調についても、咳は出るものの極めて良好なのに?

 この時点で咳が100㌫収まっていなかったので、この日の薬は「前回よりも飲む薬を減したうえで、細菌を殺す薬&咳を完全に抑えるため、少しきつめの薬にしておきましょうか」ということになりました。更に、悪玉菌・細菌の結果確認をするため、再度、血液検査をしておくことになりました。

 こうして、この日の診察が終わりました。

 明日、6月1日(月)は再受診です。

<次回のブログへ>

 

スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント