FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

嘘の文化、嘘の政治、嘘の外交


 在日朝鮮人の多くは、日本人によって強制的に連れてこられた、と学校で私は教わりました(パンフレットもありましたが)。でも、それが間違った教育であることを知ったのが、老いてからのことです。誤った教育は、日本人だけではありません。韓国の教育現場においても、徹底した反日教育が行われていると言います。

 今日も、一、二回目に続き、韓国ソウル大学・李栄薫名誉教授の訴えの言葉を抜粋し掲載いたします。教授の言葉を韓国国民が重く受け止め、現政権の誤りに早く気付いてほしいものです。
 
 「人がお互いだましあい、嘘をつくことを当たり前のように考える国、他の国との外交さえも嘘で成り立ちどんな条約をしても信じられない国が亡国直前の大韓帝国でした。そんな国が亡ばないとすれば、いったいこの世でどの国が亡ぶというのでしょうか。
 青年李承晩の絶叫が胸に響くのはまさに今の大韓民国がこのような嘘の文化、嘘の政治、嘘の外交に転落しこのままでは必ず再び亡国の悲哀を避けることができないからです。
 ついにこの嘘は司法部まで深く浸透していきました。ひたすら事実に根拠し正義の原則に従って剛直に裁判をしなければならないこの国の判事たちは何が事実であり、何が嘘なのか見分けることができない中、でたらめな判決をめちゃくちゃにくだしています。
 つい先日、最高裁合議部は1941~1943年日本製鉄で労働者として働いた人とその子どもに対し新日本製鉄が1億ウォンの賠償金を支払えという判決を下しました。この判決は当時日本製鉄で働いた朝鮮人労務者たちが奴隷として連れて行かれ奴隷として酷使されたという事実、言い換えると世界が憤り、時効を置かずに処罰する普遍的な反人権的犯罪の被害者であることを前提にしています。しかしながらこの前提自体が全く事実とちがっています。
 多少荒っぽい言い方ですが真っ赤な嘘だといえます。そのことに関してはこれからの講義シリーズで関連分野最高の権威者である李宇衍博士が詳しく説明します。
 1937年以降毎年10万名以上の朝鮮の人々が自発的に、ある意味では必死に日本に渡って行きました。より多い所得とより良い職場を求めてです。その数が太平洋戦争勃発直前の年1940年には20万をこえていました。その後戦争が酷くなっていくにしたがって数が減ったりしましたが、それでも1944年まで毎年10万名以上の朝鮮人が日本に自発的にわたっていきました。それとは別途に1939年から労働力が不足してきた日本社会が朝鮮から労働者を募集し始めました。
 1939年から1941年まで約17万名がその募集によって日本に行きました。到着した労働者の3分1は6ヶ月以内に他の職場に逃げて行ってしまいました。日本社会の募集を日本に行くための機会として利用したのです。副作用が甚だしく1942年からは総監。その後1944年8月まで約25万名が総監府の斡旋を通して日本に渡っていきました



スポンサーサイト

COMMENT

No title

お邪魔いたします。
K国にはそもそも国家としての骨格は存在するのでしょうか。。。
顔色伺ってあっちへフラフラこっちへフラフラ・・・
北の国のあの方には散々、馬鹿にされ・・・
仲良くしましょうと言ったと思えば抗議活動・・・
都合が悪いと必ず大東亜戦争での戦争責任を持ち出す・・・
相手にしないで放っておいたほうが宜しいかと思いますが・・・
大変失礼いたしました。。。

EDIT COMMENT

非公開コメント