FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア

ホロコーストと同等の扱いになる

 二回にわたり、日本軍による慰安婦強制連行について取り上げてみました。いちばん悪いのは、日本否定発言を繰り返す日本国民の左巻きの方々なのです。それをうまく利用しているのが、中国&韓国の左巻きの方たちなのです。

 フランス国内で「ホロコースト」についての否定発言をすると、逮捕される、と言われています。つまり、中国や韓国の最終目標は、日本軍による慰安婦強制連行を事実として国連・人権理事会で訴え続けることで、「ホロコースト」と同等の扱いにすることです。

 一方、中韓・日本人の左巻きの方々の証言を真っ向から反論しているのが、テキサス親父(日本事務局・藤井修一氏)です。さらには、藤井修一氏の応援(指導)の下、衆議院議員・杉田水脈さんが、国連の場で反論をしています。ジャーナリストの大高末貴さんも、裏方の行動を積み重ねています。さらには、慰安婦問題とは異なりますが、沖縄県在住の我那覇真子さんも人権委員会の場で、発言をしています。

 テキサス親父日本事務局・藤井修一氏(社長)は、慰安婦問題の流れが分からなくなるので人権委員会の場に毎回出席をしていると、言います。しかも一回の滞在が数週間に及ぶこともあり、その時の滞在費用は50万円を超える、と言います。その一方で、政府関係者は国費なので高額なホテル代金も気にすることなく、滞在できる、と言います。

 日本政府は、このような方々に対する資金面での支援をするべきでしょう。日本社会を担う日本の子供たちの将来のことを思うと、まったなしの状況なのです。



スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント