FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
フリーエリア

サンフランシスコ市は中華系工作員の吹き溜まり

 中国の総人口は約14億人あまり、とされているが、一説によると、15億人とも言われている。要するに中国政府でさえも自国の確かな人口把握ができていない。更には、世界各地への移民を含めると、気の遠くなるような数値になる。

 たとえば、中国人の米国・サンフランシスコ移民について考えてみたい。この都市を占める中華系は19%あまり。それだけに、SF議会での中華系議員による議会政策に与える影響も強いはず。

 すでにご存知のはずだが、サンフランシスコ市長は中華系。市議会議員定数は11人。うち3人は中華系で、1人が韓国系で占めている。

 カリフォルニア州サンフランシスコ市と大阪市は姉妹都市関係にある。ところが今、SF市内に設置の「慰安婦像と碑文」の市側への寄贈受けをめぐり、吉村大阪市長が姉妹都市関係の解消に向けての手続きを、表明した。

 ここで、大高未貴さんのサンフランシスコの現状報告を取り上げてみたい。

①サンフランシスコは曰くつきで、チャイナタウンがあり、数年前には抗日記念館がオープンしている。

②アメリカでも有数の人身売買のメッカ。かかわっているのは、チャイナマフィア。コリアンの人身売買をする手段として、学生ビザを発給して売春を強要している。だから、(問題となっている)像は、自分らそのもので説明文だけを変えるとよい。

③SF在住の日本住民の声として、慰安婦像設置に反対の行動をしていたが、サンフランシスコは怖いところで、チャイニーズマフィアは怖くて、身の危険がある。そのため、日本大使館に声をかけていたけれども、大使館員がしっかりした動きをしていなかったのではないか、との声が地元で聞こえた、とされる。・・・以上

 大阪市議会(自民・公明・共産党)は、姉妹都市解消について否定的な見解を述べている。しかし、話し合いによる修復は100㌫不可能と、とらえるのが正しい。

 根拠
①2015年の「最終的かつ不可逆的に解決されること」とした日韓合意に、欧州を含めた多くの国から支持を得た。にも拘わらず、米国の一都市だけが、この事実から目を背けるSF議会の行為は、日本を貶めるための反日行動としか言えない。

②碑文に「旧日本軍によって数十万人の女性が性奴隷にされた。・・・ほとんどが捕えられのまま亡くなった」と、全く証拠のないことが、あたかも事実であるが如く記されている、という。数字が少しずつ増していることにも注目。

③カルフォルニア州が、“中国の飛び地”、吹き溜まりとなっていることの事実。米国における、最大の反日拠点となっているのだ。

 大阪市議会議員は過去恐らく市議会議員によるSF市視察があったはずだ。仮にそうだとすれば、議員は今日まで何一つ勉強をしていなかったことになる。それは、SF議会議員定数11人であることが、大阪市議会で生かされていないことからも、一目瞭然である。

 これ以上、大阪市議会の「自民・公明・共産党」に期待を寄せることは、不可能といえる。

 
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント