FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア

米国が本気度をだす

国連総会の場でトランプ米大統領は19日、「米国は大きな力と忍耐力を備えているが、自国や同盟国の防衛を迫られれば、北朝鮮を完全に破壊せざるをえない」と表明した。

 トランプ大統領の演説の中でのもう一つの特筆すべき点は、「日本の13歳の少女が自国の海岸から誘拐された」とも述べた。

 この発言を引き出させたのは、北朝鮮による日本人拉致被害について、一部国会議員が米国に根気よく訴え続けたこと、つまり安倍首相の成果ともいえる。拉致問題の解決を心から願うしかない。

 9月15日付のブログで、「北朝鮮の恫喝は心配ご無用」のタイトルで投稿した。記事の中で、仮に日本に核爆弾を使えば北朝鮮も米国の核攻撃で地球上から抹殺される、と書き込んだが、そのことが裏付けされた。米国がついに本気度を見せたのだ。

 さらに4月7日付のブログでは、過去起きたキューバ危機を引き合いの記事を書いた。このなかで北朝鮮による「弾道ミサイルの発射や開発について米国は、これ以上看過しない」、とも書いた。北朝鮮がこれ以上暴走すると、米国が本気で行動することを北朝鮮は悟るべきだ。

 長い記事になるが、ドイツのメルケル首相は旧東ドイツ出身なので、考えがどうしても中国やロシア寄りになる。だから日本からみて信頼できる友人とはならない。

 中国・ロシアさらには韓国に至っては、国内経済は火の車に等しい。この状態でトランプ大統領から「経済制裁」をちらつかせられると、今の中国とロシアでは米国に面と向かって楯突けない。

 
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント