FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

北朝鮮の恫喝は心配ご無用

 「4つの島からなる日本列島は主体思想の核爆弾によって海に沈められるべきだ。日本は我々の近くに存在する必要はない」。これは、北朝鮮の日本に対する脅迫(恫喝)を羅列したものである。

 恐ろしいほどの脅迫だが、北朝鮮が日本の国土に核爆弾を落とす勇気はない。だからご心配はご無用といえる。核爆弾を使えば北朝鮮も米国の核攻撃で地球上から抹殺されることくらい、誰よりも理解しているからだ。

 心配ご無用、の根拠だが、北朝鮮は「グアム周辺を炎で包み込むための作戦を慎重に検討している」と、米国に向けて発した。すると、トランプ大統領は「北朝鮮はこれ以上、米国を脅さない方がいい。世界が見たこともない炎と激怒で対抗する」と述べた。

 北朝鮮はトランプ大統領の怒りに怯えたのか、ミサイルを北海道襟裳岬の上空を通過させて発射した。日本にとっては迷惑な話だが、米国の報復が怖いわけである。要するにすべてが茶番劇なのだ。

 もう一点の根拠として、ネットニュースでも取り上げられているが、拉致問題について「年内にある種の解決じゃなくて、着地点の方向が見えてくる」とされている。

 日本政府もさまざまな外交チャンネルを通じて、水面下で北朝鮮との交渉が行われているわけだから、北朝鮮も話をぶち壊すことはできない。つまり、北朝鮮の恫喝が本心でないことになる。・・・職場からの投稿・・・



スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント