FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

平昌冬季五輪の南北分散開催になれば・・・

 2018年、韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪について、文在寅(ムンジェイン)大統領が南北分散開催に向けた動きをしている。

 冬季五輪の南北分散開催の提案者は他でもない、韓国・ムンジェイン大統領である。文大統領は「平昌五輪に北朝鮮選手団が参加すれば、人類の和合と世界平和推進という五輪の価値を実現するのに大きく寄与する」と強調していることが、産経新聞で報道された。

 ムンジェイン大統領の提案をうのみにすると、だれもが納得する美しい言葉に聞こえる。しかし彼の言葉を素直に取り入れることは、韓国国民にとって危険である。

 理由は至って単純。ムンジェイン大統領が韓国国民を泥船に乗せて、北朝鮮に向かおうとしているからである。彼は、生粋な北朝鮮生まれ。なので、生まれ故郷に思いを抱くのは、ごく自然な成り行き。だからこのまま泥船に乗せられると韓国は、確実に社会主義国になるのは、疑いの余地もない。

 さらには、日本人からしても「冬季五輪の南北分散開催、良かったね!」と片づけることはできない。なぜなら、「北朝鮮のスキー場などで複数のスキー種目を行い、南北女子アイスホッケー単一チームを構成して北朝鮮にも聖火リレーを行うことを提案した」とされているかである。

 数百人単位の日本人が北朝鮮の手で拉致され、今も帰ることができない状況が続いている。このような事実がある以上、今後、南北分散開催が実現したとしても、アスリートの皆様には申し訳ないが、日本は、冬季五輪に参加するべきでない。日本人が拉致されている北朝鮮に、日本選手団を送ることは、いくらなんでも許されない。


スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント