FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

森友学園にうつつを抜かしている場合ではない

 韓国で行われた「ロウソクデモ」。結果としてパククネ大統領が失職した。ここで問題となるのが、北朝鮮の工作員の存在。デモを画策したとされているのが、彼たち。意図するところは、在韓米軍の撤退だ。

 同じことが沖縄県でも起きている。沖縄県から米軍撤退を目論み、基地反対運動の現場に工作員を潜り込ませているのだ。

 つい最近、沖縄での基地反対運動に絡む逮捕者が41人(極左)であることが国会の場で明らかになった。そのうち、4人が韓国籍という。

 では、どうして沖縄での米軍基地反対運動に朝鮮人が参加しているのか? それは、北朝鮮が韓国に侵攻するうえで、在韓米軍が邪魔だからである。中国が国連や米国の要請に従わないのは、中国と朝鮮半島の国境が韓国になることを嫌っているからにほかならない。

 1月2日、関東地方ローカル番組で放映された「ニュース女子」での沖縄で起きている基地問題。これに異を唱えたのが、韓国籍のシンスゴ氏(女性)。この方も沖縄からの米軍基地撤退を目論むと同時に、その先に見据えているのが沖縄独立論に加担していることも明らかになっている。

 以上のことからも明らかなように、韓国で起きていることと沖縄で起きていることは同じこと。日本は平和であり、この先も平和であるとの思いは、時代錯誤といえる。日本人の分からないところで、中国や北朝鮮の工作員がうごめいているのだ。

 朝鮮半島で、いつ、なにが起きても不思議でない状況であるにもかかわらず、いつまでも「森友学園」にうつつを抜かしている場合ではない。

スポンサーサイト



COMMENT

No title

森友学園とか、本当にこんなこといったらあれですけど、いつまでも話題にするような話ではないですよね。確かに、色々あるのかもしれないですが、それで国政が止まっていたら話にもなりません。
日本の国政の停滞を喜ぶ勢力からしてみると、これほどおもしろいことはないのかもしれませんが…。

EDIT COMMENT

非公開コメント