FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

根こそぎ

 一輪挿しをテーブルに置き、花を生けてみたい衝動に駆られている。飾る対象は花でなくても、些細な小枝でもいい。

 ネットを通じて安い一輪挿しを買ってみよう、と調べたりもした。選択肢として、竹を使って花筒を作ることも考えているが、少々面倒くさいかな。

 先日のことだが、いつも通るワンコの散歩道の法面(のりめん)に、気になる低木があった。万朶(ばんだ)の低木にはピンク色の小さな実を沢山つけている。見ているだけでも心が安らぐほどに眩しいばかりのピンク色をしている。

 通りすがりに何時も目にしていたお気に入りの木だが、つい先日、痕跡もないほどに切り取られてしまった。どうやら、「綺麗だな・・・」と思っていたのは私だけではなかったのか。

 伐採した犯人は、年配の女性。いつものようにワンコの散歩を横目にして、気になる木の前を通り過ぎた。するとそのあと、一台の軽自動車が木の離れで止まった。停車した車に何気なく目を向けると、年配女性が下車した。そのあと、長い剪定バサミを車から取り出すと、お気に入りの木の方へと歩き出した。

 「まさか?」と思いながら、女性の動向に目を向けると、「まさか?」の前で立ち止まると、なんと剪定ばさみで切りだした。

 次の日、そこを通ると、低木は無残にも根こそぎ切り取られ、痕跡すらない。せめて、一本の小枝程度にとどめてほしかった。容赦なし。これでは、翌年から目にすることもできない。

スポンサーサイト



COMMENT

No title

綺麗なものはみなで愛でたいものですね。
切り取ってしまったら、自分ひとりしか楽しめません、いや、
やがて枯れてしまうことを考えると自分も楽しめなくなりそうです。
野にあるものだから誰の物でもない、わけではない。
言葉遊びっぽいですが、綺麗だなって思ったものは、
他の人もそう思っているのだという認識ぐらいは持ちたいですね。

No title

中には鼻が終わる頃に切った方が来年芽吹きやすい物もあるらしいけど・・・そもそもそのおばさんの物なのか?って言う話ですよねぇ
人は独占したがる生物ですから。食物連鎖の頂点に立つせいなんでしょうかね?分け与えると言う事を覚えずに時を流してきた人間が多いのが事実です

EDIT COMMENT

非公開コメント