FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

三種類のサル

 9月19日付のブログで、ボスザルについて書き込みました。道をふさぐサルの群れも、離れから眺めるだけなら可愛いものがあります。ただし、人間が近づけばサルもその場から脇へ寄ることが条件ですが。ところが、避けることなく牙をむき近づくと、これはもう手におえない凶暴サルでしかありません。

 この凶暴サルを沖縄県高江で起きているヘリパッド建設反対闘争の現場に置換してみます。

 本題の前に今、沖縄県高江でなにが起きているのか、その真実を知るための情報源が必要となります。私の場合は、日本文化チャンネル桜沖縄支局の発信が唯一の頼りになっています。

 番組を通じてですが、先日、「三種類の凶暴サル」ということで、すごく面白い情報を耳にしましたので触れてみます。

 三種類の凶暴サルとは、ヘリパッド建設現場に通じる路上を封鎖するように大勢の反対派が座り込む方々のことです。資材搬入の際は、本土から派遣された大勢の機動隊員が、座り込みを続ける建設反対派(50%が本土、20%が外国人、30%が沖縄の方のようですが)をごぼう抜に排除する様子が動画を通じて発信されていたわけですが、ここに居座るヘリパッド建設反対派のことを、三種類の凶暴サルに例えているわけです。それは次のことです。

 ①(路上に群れるサルのようなので)道路に座り込む凶暴サル。
 ②(機動隊員が反対派を排除しようとすると)木にしがみ付く、凶暴しがみつきサル。
 ③(路上をふさぐように駐禁させた車の下に潜り込む)潜り込み凶暴サル。

 いずれの凶暴サルも手に負えません。機動隊員はもとより、地元住民の方々がすごく困っていると言います。つい最近ですが、凶暴サル集団の事務局長が逮捕されました。この人物は、なんと韓国国籍を有していたといいます。このあと、同じように同国女性も逮捕されました。

 彼らは、勝手に私設検問を行い、地元住民との間でトラブルを発生させています。地元住民であることをいくら説明しても聞き入れないため、住民が怒ってしまったというのです。検問を受けた住民が、反対派の一人を突いたことが暴力行為と受け取られて、訴えられているのです。

 一方、駐禁で使った車が、沖縄県議の名義であったことも明らかになっています。さらには、農家が手塩にかけて育てたパイナップルをトラックで出荷しようとしたところ、反対派の行った私設検問を受けたことで住民の車両が通行ができず、パイナップルが商品としての価値がなくなったことも伝えられています。

 三種類の凶暴サルが高江地区でやりたい放題の横暴がまかりとおっています。それでも、警察官は、この違法を取り締まることをいたしません。どうしてなのでしょうか。でも、いつまでも好き勝手な行動が通用するはずがありません。

スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント