FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

参院選挙が終わった

 参院選もふたを開けると、自民党の圧勝で終わりました。選挙の結果を受けてこのあと早速、憲法審査会で議論が進められるはずです。何を語ろうとも、これが成熟した民主主義社会の掟であり、それが自然の法則なのです。

 もう一点、このたびの参院選挙を通じて思ったことがあります。それは、東京選挙区についてでした。選挙前に政治家による税金の使い方が随分物議を醸しました。にもかかわらず都民が選挙で選択した答えは、「おおさか維新」候補者ではなく、自民・民新・公明党候補者でした。あの時の怒りはどうしたのでしょうか?不思議でなりません。

 今、どうして「おおさか維新の会」が、大阪では躍進しているのでしょうか。その答えは、様々な面での身を切る改革を先行させ、そこから捻出したお金を学校への投資をはじめとして、これまで手つかずだった交通機関に対するインフラ整備の投資をしてきたことが、すべての答えなのです。このことが、府民にやっと理解されてきたからに他なりません。

 私が現職であれば、いや今でもいえるのでしょうけれども、本来は民進党を応援する必要があります。でも、政権を担ったとき、「この政党に日本の未来を託すことはできない!」というのが自分の答えでした。

 それは沖縄の基地問題での当時の鳩山元総理による迷走発言でした。さらに付け加えると、岡田民進党代表が政権当時外務大臣をされていたわけですが、テレビの前で沖縄の基地問題解決に向けて、対米交渉を行う考えを発しました。それを聴いていた私は、「何かやってくれる」と随分、期待をしたものです。結果は、得るもの何もなしでした。「初めから黙っておけばよかったのに!」と思ったものです。

 要するに、民進党(旧民主党)の皆さん、国防問題についての不勉強さが露呈したわけです。国会議員の年収は二千万円を超える、と言います。国民のために何を勉強されているのですか、と問いたいものです。政治の世界は良い意味での、実行・実現、が答えです。

 東京電力・福島第一原発で起きたメルトダウンのときもそうでした。たまたま炉心の底に穴が開いたから助かったのです。情報発信について東京電力に責任を負わせて、政府が正しい情報を国民に伝える努力を怠りました。一歩誤れば、東北・関東周辺において大変なことになっていたはずです。

 政治家に対する不信は深まるばかりです。それでも私は、選挙が行われると投票所へ向かいます。

スポンサーサイト



THEME:日記 | GENRE:日記 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント