FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

遊牧民

 昨日は、地震に関連したことを書きました。「昨日、地震が起きる」は、まさに根拠のない書き込みだったわけですよね。振り回されないようにしなければなりません。

 いずれにしても、日本列島のあらゆる場所において、当然のことですが予告もなしに地震が起きていることは、事実です。熊本県では、耐震設計の大切な住まいでさえも倒壊し、住まいをなくされた方がいたようです。それにしても、 “想定外”が多すぎると思うのですが。

 一昨年でしたか?高野山さんへのツーリング途中、道の駅で、車で移動中の一人の女性と出会いました。東北で起きた地震の後、福島で大変な原発事故が起きたわけですが、その後、車で西側へ逃げて来た、というのです。

 繰り返される地震以降、思うのが、遊牧民のような暮らしを考えておくのが生きる上で最善のように思えてきました。つまり、賃貸マンションに住むことです。万が一その地で住めなくなれば、さっさと別の県へ住まいを移すことです。これが生き抜くための最善の手段だと思うのですが。

 
スポンサーサイト



THEME:日記 | GENRE:日記 |

COMMENT

No title

こんにちは^^

昨日の記事と続けて拝見いたしました^^

思うに、地震だけでなく、人間生きている以上必ず何かにあたるわけですから、必要なのは覚悟と準備かなと思います。
明日、転んで亡くなる方もいれば、どんな大きな地震でも無事な方もいるわけなので、地震だけがクローズアップされてみなが危機感を覚えているのは不思議な話だなぁ、とも思います。

増本さんのおっしゃる通り、冷静を保ちいろいろな情報に振り回さないようにしないといけませんね^^

No title

その土地にって考えを無くしてくれると結構捗る事って多いんですけどねぇ
例えば、今回の原発だって元に戻すには金と時間が掛かるなら、いっそ決まっていなかった原子力燃料の排気場所にすべきだと思う。
それなのに、未だに戻りたいと言う人が居るから・・・
あと津波被害で起きた限界集落とか不便な土地の村だった物は、ある程度集めて新しく団地でも作るべきだと思う
そんな誰も行かないような山奥とかに村を作ってもライフラインや管理する県や市などが大変なだけなのにね。

EDIT COMMENT

非公開コメント