FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

捨て猫のリオンが急死

昨日、「捨て猫」のタイトルで書き込みをさせて頂きましたが、捨て猫で拾ってきた「リオン」が今朝の10時過ぎに急死しました。


妹が「明日は家の要件で業者さんが見えるので、明日はリオンを預かってほしい」とのことで、次男坊を伴って昨夜は我が家で泊まりました。


今朝は8時前でしたけれどもリオンにミルクを飲ませている時も、か細い声ながらも「ニャーン、ニャーン」と鳴いてくれてたのです。ただ、甥っ子がリオンを拾ったときからそうでしたけれども、体温が低かったんですね。病院へ連れて行った時も、カイロなどで温めてあげて下さい、とのアドバイスを受けたのですが。


今朝もやけに体が冷たかったので、電気じゅうたんを使って適度な状態を保ちその上で寝かせていたのですが。でも、残念なことに急死しました。


家族全員泣けてしまいました。小学3年生の甥っ子は声を出して泣きましたよ。長女も、電話を通じて大泣きしていたそうです。


この子は、生を受けて恐らく1週間も生きていなかったと思います。拾い上げてから3日で死んでしまいました。命名して1日でした。まだ、目を開けていなかったのです。なにも分からないまま死んでしまいました。


もう数日すれば目を開けてくれてそのうち自力で食事も出来るようになるであろうと、家族が一生懸命育てていたのですが。でも死にました。育て方も含めて、どこかに原因があったのでしょうか。


道端に捨てられていた「リオン」を拾ってあげた長男、病院へ連れて行った妹、リオンの寝床をペットショップから買ってきた長女、成長を見守り続けた次男、個々が一生懸命見守ってあげたはずなのに、リオンの命を守ってあげることが出来ませんでした。ほんとに残念としかいいようがありません。


こんなに腹立たしくて、悲しいことはありませんね。せめてもう少し親猫のそばに置いてあげてたなら、死だけは避けられたはずなんです。


でも、リオンが子どもたちへ、死をもって大切なことを残してくれました。それは生についてです。子どもたちにしっかり教えてくれました。ありがとう。


少し離れに土葬してあげる場所があるので、雨の中を家族で出かけて埋めてあげました。御線香を立てて手を合わせました。


もう、このようなことがあってほしくないですね。リオン君の成仏をお祈りしたいと思います。






スポンサーサイト



COMMENT

1. こんばんは

久しぶりに訪問させていただいたところ、辛く悲しい出来事があったんですね。ご家族の皆様の悲しみが、少しでも癒えていらっしゃいますことをお祈りします。暖かなお部屋の中で皆さんの優しさを受けて死んでいった仔猫は、きっと幸せだったと思います。私も3年ほど前に同じくらいの仔猫を保護しました。とても他人事とは思えずコメントを入れさせていただきました。

EDIT COMMENT

非公開コメント