FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

ヤフー・ニュースから

 月曜日から三日間寒い日が続きましたが、今朝は少々冷え込んだものの天気予報では終日快晴のようです。この三日間、寒さに根負けして電気カーペットに体を埋めていました。この後、自転車でアップダウンの道を少々走り、ハイキングコースの麓まで自転車で移動、そこからハイキングをする予定です。

 ところで、朝一番ヤフー・ニュースを開けると、STAP細胞をめぐる問題で新たな展開です、ということで「小保方氏を参考人聴取、ES細胞窃盗容疑で刑事告発」が目に飛び込んできました。

 内容ですが、「小保方晴子氏の研究室から見つかったES細胞が別の研究室から盗まれたとする刑事告発を受け、兵庫県警が17日までに小保方氏から参考人として任意で事情を聴いていたことが、JNNの取材でわかりました」、とうものです。

 小保方晴子 氏の「あの日」の手記、第十二章に「仕組まれたES細胞混入ストーリー」の項目があるわけですが、その中で彼女なりの生々しい心境がつづられています。

 個人的には、仕組まれた罠に彼女ははめられた、と思っています。その根拠ですが、あれだけメディアからボコボコに叩かれたわけですから、仮に「あの日」の手記で嘘を書き、それが真実でないことが明らかになれば、それこそ彼女は世間に顔向けが出来なくなるだけではなく、二度と立ち上がれなくなることは、他の誰よりも彼女自身が理解しているはずだからです。だから彼女の手記が真実であることを疑はないのです。

 あくまでも想像の域ですが、彼女を信じ支援をしてきた多くの方の後押しもあり、手記も書かれた、と受け止めることも出来ます。でなければ、あそこまで踏み込んで書けるはずがありません。なぜなら、恩師であるはずの人物を明らかに疑っているわけですから。この際、公正な裁きがなされることを期待するものです。あまりにもトカゲの尾っぽ切り、のように思うのは私だけなのでしょうか。

 今夜は更に、メディアによるねつ造報道と誤報による人権侵害について触れてみることにします。
スポンサーサイト



THEME:日記 | GENRE:日記 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント