FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

こそ泥

 会社の花壇の一角に高さ60㌢程度のミカンの木がある。低木ながら360度に枝を広げて、大きなミカンが幾つか実っている。一昨年の冬は目にしなかったはずだが、今年に入って木の存在に気付いた。どうやら社長が植えたという。けっこう美味しい、という情報を得たので先日、ミカンを一つむしり取り、持ち帰り試食してみた。

 ミカンを食べる前に親指でミカンを押してみると、柔らかいゴムまりのようにブヨブヨする。皮も柔らかい。早速、ミカンの皮をむくため左手でミカンを固定して右手親指をミカンの皮に差し込むと、いとも簡単に指が入り込んだ。普通のミカンのように皮が柔らかくて簡単にむける。

 薄い袋を両方の指で無造作に開けると果汁が滴り落ちた。次は果汁をこぼさないよう、両方の指で慎重に皮を開くと、実を一気に口に頬張った。少し酸っぱいながらも、のど越しを通る甘味が何とも言えない。最近やたらと即席ラーメンを食べすぎて胸が悪かったので、こいつはいける!と思えた。ミカンをもう一つ、かすめることを企んでいる。ミカンも、とんでもないこそ泥に目をつけられたものだ。 


写真では見えていないが、他の枝にもミカンが実っている。




こんな感じのミカン。もう一つかすめてやろうと、こそ泥が企む。

スポンサーサイト



THEME:日記 | GENRE:日記 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント