FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

二千円

 引っ越しの前後、どうしても気になっていた一台のアナログテレビ。甥っ子の家族が14インチテレビを知人からもらったものの使えなくなっていたのだ。それを我が家に置いていた。ところが、こいつが目の上のたんこぶ、のように目障りな存在になっていた。

 ある日、廃品回収業者がチラシを郵便受けに入れていた。よく見ると、回収項目にテレビも含まれている。指定日に待ち構えていると、「古すぎるので引き取ることが出来ません」となった。なんとも予想外でつれない返事が返ってきた。

 それから数年がたち、昨日に至った。

 今度は、廃品回収業者の車を見かけたので相談をしてみると、「引き取りますよ」となった。さっそく不要っとなっているテレビを自宅から持ち出し、見せると「これは、(廃品業者が)引き取ってもらうにしても、ソニーのテレビでも五千円はいります(あまりにも古いテレビになるとお金がかかるようである)」となった。よく見ると、韓国製のテレビになっている。これを見た業者は更につれない態度に豹変(ひょうへん)させた。

 正規の手続きでも五千円は必要ないだろう? と思っていたので、「五千円はあかんわ」と断った。すると、「三千円にしとこうか」と引き取り値段を下げた。でも私は「やっぱりやめとくわ」と言葉を返すと、「二千円にしとこう」となった。正規の手続きを踏んでも二千円はするだろうし、それに面倒な手続きをするくらいなら二千円で妥協しようと、決めた。

 目の上のたん瘤となっていた14インチのアナログテレビだったが、やっと処分することが出来た。ただ、心の中で私は、「山に持って行って捨てんといてや」とも、思った。業者を信じるしかない。
スポンサーサイト



THEME:自転車 | GENRE:趣味・実用 |

COMMENT

No title

リサイクル料ねぇ
売っておいて捨てる時も金出せってオカシナ感じがする

EDIT COMMENT

非公開コメント