FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

京都・鞍馬寺へ

一昨日(15日)、義経伝説(牛若丸)やパワースポットとしても知られている京都・鞍馬寺を訪れてみました。


鞍馬寺は、鞍馬駅のすぐ近くにあるんですけれども、とにかくひたすら階段を上る必要がありますので大変です。


寺へ通じる石段を歩くと両サイドには、等間隔で燈ろうが配置されています。この石段を歩き着くと、そこには鞍馬寺の仁王門がありました。


私たちが着いたのが8時30分であったことから、まだ仁王門での受付が行われていませんでした。でも、関係者の方の「まだ時間外ですから、・・・」とのご厚意により無料(本来は200円)で入ることができました。このような経験は初めてですね。その節は有難うございました。


仁王門を入り坂道を少々歩くと、「魔王の滝」にたどり着きます。瀧の上には「護法魔王尊」がおまつりしてあることの説明が目につきました。さっそく瀧のそばで気を入れて頂いたあと、本堂へと向かいました。


本堂は山の中腹に位置していますが、結構広いんですよね。本殿へ入ると三門に分かれていまして、中央毘沙門天、東先手観音、西護法魔王尊像が奉安されているようなんです。とりわけ毘沙門天をそばで眺めるとほんとに迫力があります。


さて正殿正面前には、六芒星の中心に立つと気を受けると言われてる「パワースポット」がありました。


他には、もともと東京・萩窪にあった与謝野晶子(作家・歌人)の書斎(冬柏亭)が、この地へ移設されてありました。


本来は、奥の院まで行く予定でしたが、事情があり中腹の下りへ差し掛かる位置で、引き返すことにしました。




鞍馬寺・仁王門へ続く石段です。
自転車で日本一周を目論むオヤジ


仁王門です。
自転車で日本一周を目論むオヤジ




魔王の滝のそばです。護法魔王尊がおまつりしてあるようです。
自転車で日本一周を目論むオヤジ



本殿です。正面前の広場にパワースポットがあります。
自転車で日本一周を目論むオヤジ




与謝野晶子の書斎です。近くに「何となく君にきたるる ここちして いでし花野の夕月夜かな」の歌碑がありました。
自転車で日本一周を目論むオヤジ


<ここまでです>




スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント