FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

885mの三国山へたどり着く

<昨日の続きです>

自転車山へ向かってツーリングへ出かけました晴れ

目指した山は、三国山(885m)です(次の地図)。地図上の岸和田市は、今や全国区となりつつあるダンジリ祭り(9月)で有名なところです。


大きな地図で見る


大阪南部は和泉山脈を県境として、山頂を中心として大阪府と和歌山県に分かれているんです。ですから頂を少しまたぐと、そこはもう和歌山県になります。

5月13日、あさの9時に自宅を出発です。やや肌寒い感じでしたけれども、山を目指すには寧ろ肌寒い程度が最適でした。

県境である頂上までたどり着いたあと、山を少し和歌山県側へ下った後、尾根伝い坂道の林道をさらに奥へと突き進みました。



$自転車で日本一周を目論むオヤジ




この道を更に左へと進みます。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ




ここから更に数百メートルの厳しい坂が続きます。でもオヤジ、さすがに自転車を手で押してしまいました。もう、脚力がないんです。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ




結構きつい坂でした。単に負けん気だけの気力で走っていました。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ




$自転車で日本一周を目論むオヤジ




また標識がありました。更に前進です。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ




$自転車で日本一周を目論むオヤジ




$自転車で日本一周を目論むオヤジ




$自転車で日本一周を目論むオヤジ




ここから更にルートを左へ進めます。地図上での事前確認をしておかなくては、判断に迷うところです。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ




森の中に木漏れ日が見えています。この状態を保たなければ、森林が守れないんですね。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ




$自転車で日本一周を目論むオヤジ




明治時代の旅人が休憩するための茶所だったんです。歴史を感じました。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ




「七越峠茶所跡」についての石碑です。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ




$自転車で日本一周を目論むオヤジ




「三国山 標高885m」の標識を確認しました。ついにたどり着きました。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ




「国土交通省大阪航空局 三国山航空路監視レーダー局舎」の正面です。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ




「国土交通省大阪航空局 三国山航空路監視レーダー局舎」です。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ




村のふもとから見詰めていたのが「航空路監視レーダー局舎」だったんです。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ




レーダがあるんですけれども、見えているでしょうか?
$自転車で日本一周を目論むオヤジ




頂上から何とか写真を、と思って森の中へと入っていったんですけれども、残念ながら見えませんでした。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ




こんなふうに、樹木が高すぎて下界を見渡すことができませんでした。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ




山つつじです。淡いピンク色がほんとに美しかったですね。年配の男性の方が山の中に入って、枝を数本切っていましたよ。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ




$自転車で日本一周を目論むオヤジ




関西空港周辺が見えています。かなり前方に見えていたんですけれども、何とか映っていました。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ



ふもとまでの下山に要した時間は35分でした。時速は30キロ前後で下りました。ところが、県境の頂上で青年が立ち止まっていたので挨拶を交わした後、先に下っていたんです。でも途中で、あっという間に追い越されてしまいました。

若い人は、ほんとに早いですね。でも、S字カーブをとんでもないスピードで駆け抜けるんですから、驚きと同時に危ないですよ、ほんとに。

走行距離: 69キロでした。意外と走ってなかったんですね。
所要時間: 出発9:00~帰宅16:05でした。遅いですね。







スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント