FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

一冊の本

冬特有の気候なんですかね? どうもここのところ天気がよくありませんくもり


と、いうことでオヤジは、今日もツーリングは冬眠中ですかお


さて、今日のネタですが、昨日の延長としてオヤジが文章を書くうえで欠かすことのできない本をご紹介させていただきます。ただし、この本は、1981年に発行されたものですから、恐らく店頭には置いてないものと思われます。


次の本本です。


「朝日新聞の用語の手引き」発行者:朝日新聞社 波多野公介)定価:700円


自転車で日本一周を目論むオヤジ























冒頭の一部分を抜粋します。


「新聞は、だれにも分かる平易な文章でニュースを伝えるのが、第一の任務である。この本は、朝日新聞の記者がこうした文章で記事を書くために、よりどころにしているものである」と、記されています。


ここで、くどくどと書き込むことはしませんので、たとえば「使えそうで使えない字」という項目がありますので、ブログ書き込みの最後に、<今日のことば>として書き込みたいと思います。


なんだか、横着なことを書き込みましたけれども、オヤジ自体がまだ未熟な書き方であることを付け加えておきます。


オヤジのこれまでの人生経験から申しますと、とくに職場においては、文章の書ける人間であることは必須うだとの思いです。という意味で申しますと、日々ブログを書き込んでいる多くの皆さんに対して、再敬礼の心境なんです。







<今日のことば>




<使えそうで使えない字>(抜粋)  矢印の右を使用となっています

  ◎解る、判る →分かる



<誤りやすい慣用句>(抜粋)

                ×

  ◎B子ちゃん(五つ)の友達

   「幼い友達」の「」がないと「おさなともだち」となり、

   これは「おさななじみと同じで「幼い時の友達」の意となる。


  

   




スポンサーサイト



COMMENT

1. あ!

これは・・・ヽ(*'0'*)ツ
以前、編集の仕事をしていたのでバイブル的に使ってましたよ(・∀・)
今となっては懐かしい本です。。

EDIT COMMENT

非公開コメント