FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

山へ向かってツーリング(885m)

自転車山へ向かってツーリングへ出かけました晴れ

目指した山は、三国山(885m)です(次の地図)。地図上の岸和田市は、今や全国区となりつつあるダンジリ祭り(9月)で有名なところです。


大きな地図で見る


大阪南部は和泉山脈を県境として、山頂を中心として大阪府と和歌山県に分かれているんです。ですから頂を少しまたぐと、そこはもう和歌山県になります。

5月13日、あさの9時に自宅を出発です。やや肌寒い感じでしたけれども、山を目指すには寧ろ肌寒い程度が最適でした。



「監視カメラ作動中」の文字が目に付きました。どうしてと思ったんですが、山での不法投棄があるんですね。その行為を未然に防ぐための防衛手段なんです。勿論、防犯的な意味も含んでいるんでしょうけれども。
 「不法投棄者をカメラで写した後すぐ通報して、抽選で沖縄旅行へ行こう」なんて看板が目に付きましたからね。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ




$自転車で日本一周を目論むオヤジ




目指すふもとまでは、まだまだでしたけれども、すでに坂を走ることに。少しでも体力を温存しておきたかったのですが。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ



目指す山のふもとの村に着いたときは27km走っていました。既に坂道を走ってきたこともあり、足がやや疲れていました。

いよいよ林道へ入る少し手前でしたが何気なく山頂が見えたので目を向けると、なにか建物が見えました。たまたま近くに製材所があり、そこで女性の方が作業に取り掛かろうとしているのが目に留まりましたので、

?おやじ。
「お仕事中すみません。あの山の上に見えている建物は、展望台ですか?」

レディ
「いいえ、あれは飛行機の誘導塔ですよ」

?おやじ。
「ああそうなんですか、あそこまで行くことができるんですか?」

レディ
「行けますよ、でも大変ですよ。ほかの方も自転車で行かれてますけど・・・」

このような会話を交わしたあと、いよいよ山へ向かって駆け出しました。しかし、次の写真でもお分かりのように目指す頂きはかなり遠くに見えているんです。内心「これは大変だぞ・・・」と思いましたね。あそこが、三国山(885m)なんです。でも山頂に着くまでは分かりませんでした。


山頂に何か(誘導塔)見えています。分かるでしょうか?
$自転車で日本一周を目論むオヤジ





林道はどこを走っていても同じような風景なんですね。とにかくスギや他の樹木以外は見えませんから。S字カーブを幾度となく繰り返し走ります。

いよいよスギ林の道(実際はこれでも国道480号線なんです)へ突入です。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ




$自転車で日本一周を目論むオヤジ




かずらが、思いっきり食い込んでいます。すごいですね。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ




$自転車で日本一周を目論むオヤジ




$自転車で日本一周を目論むオヤジ




$自転車で日本一周を目論むオヤジ




この付近を上っていると体力も含めてですけれども、全く脚力がありません。休憩を繰り返しました。やはり年齢を実感せざるを得ませんね。後ろから7名ほどの青年が追い越して行きましたよ。いや、さすがに完敗ですわ。彼達には勢いがありますね。方やおやじは、マイペースです。ときには水分補給しながらのおやじペースで進みました。いつも思うことなんですけれども、ほんとにスピードが全然違うんですよね。年齢が違うとはいえども、ほんとにいやになりますね。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ




小さな滝を見つけました。見えているでしょうか。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ




やっと前方に頂きが見えてきた感じです。ここまで上りつめると、ほっとします。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ




$自転車で日本一周を目論むオヤジ




$自転車で日本一周を目論むオヤジ




和歌山県を示す標識が見えました。とりあえず大きな山を越えた感じです。しかし、実際は、ここからもう少し激坂が続いたんです。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ




県境を少し下るとすぐ分かれ道になります。あらかじめ地図で調べておいたので、迷うことなく進むことができました。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ




$自転車で日本一周を目論むオヤジ




県境を少し下るとすぐ左折。さらに林道へと入って行くことになります。聞こえるのは、ウグイス等野鳥のさえずりだけです。でも、この時点では体力も限界の状態で、さえずる声を楽しんで聞き取る余裕などありません。情けなぁ・・・。
$自転車で日本一周を目論むオヤジ



<この続きは明日とします>







スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント