FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

発想の転換

 昨日はとある用件で外出。帰路、昼食のためレストランに入った。そこで他人の思わぬ行動を目にして、我の頭の固いことを思い知らされた。

 お店に入るとオーダーしたすべてがテーブルに運ばれてきたので食していると、一人の男性がスープバーのそばに備えてあるスイートコーン専用の容器を手にすると、コーンスープを入れないでサラダバーのそばへと移動するのが目に付いた。そこで私は思った。「容器の使い方が違うでしょ、それはないわ・・・?」と、思いながらもなおかつその男性の行動から視線を離さなかった。

 そのあと男性は、手にした容器にスイートコーンを入れだした。そこでまた私は思った。「やはり、それは容器の使い方が違うわ・・・?」
 
 更にその男性の行動を見ていると、信じられないことをやってのけた。スイートコーンを入れた容器を手にすると、コーンスープのあるスープバーへ戻ると、そこで手にした容器にコーンスープを入れたのである。

 ここに至ってやっと私は、その男性の意図する行動が理解できたというわけ。もっともお店にとっては、やってほしくない行為のはず。だから私もそのことをお勧めしているわけでないことを添え書きしておきたい。この行為を取り上げた趣旨は、「発想の転換」についてお伝えしたかったまでのこと。

 このお店のコーンスープは酷があるから美味しい、と思っている。ただし、スイートコーンはほとんど入っていないに等しい。だからこの男性は、スイートコーンを入れたあと容器にコーンスープを入れることを思いついたのだろう。私もそうだが本来は彼のしたような手順は取らないはずだ。それでも物事をいいように解釈すれば、このような奇想天外な発想が社会人に求められているのかもしれない。

 多くのことについて言えることだが、仕事をするうえで必要なことは発想の転換だと思う。例えば、回転寿司店内で目にするお皿の流れるあの当たり前の工程(システム)も、元をただせばビール工場の流れ作業の工程がヒントになっている。

 今、とある老舗の家具店で会長と社長の間で考えの相違が取り上げられている。個人的には、発想の転換も必要だと思うのだが。

 私は退職をしているものの「会社にとって何が必要なのか常々思いを巡らせている(実際は何も思いつかないが)。個人に求められるのは発想の転換であることは間違いない。
スポンサーサイト



THEME:日々のつれづれ | GENRE:日記 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント