FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

脱原発を

 13日(木)は深夜勤務でした。すると午前2時過ぎ(2時07分)、地震の揺れを感じました。天井から吊るしてある表示板が前後に「ユ~ら、ユ~ら」とかなり、揺れいているのが確認できます。

 どのていど揺れたのかなぁ、と外に出て、手にしていた懐中電池の光を電線に向けたものの、うまく確認できません。

 次は事務所に入り時計に目を向けると、時計の針が2時を指していました。

 スマホで地震情報を確認すると震源地は伊予灘です。次はNHKニュースを見ると愛媛県西予市では震度5強。私の出身地・宿毛市でも震度5弱が表示されています。西予市、といえば、佐田岬の付け根近くに「四国電力伊方発電所(原発)」のある伊方町からそれほど離れていません。

 伊方原発は半島の付け根に近い瀬戸内海側に鎮座(ちんざ)しているわけですが、万が一ここで原発事故が起きると、半島の先端で暮らす多くの住民が逃げ道を失うことになるのです。つまり、船を使って海側から、たとえば大分県へ向かって避難する手段しかないのです。住民にとっての大きな悩みの種になっています。

 深夜起きた地震だけに岬で暮らす町民の多くが、地震の揺れと同時に原発のことが心配になったはずです。私ですら「原発は大丈夫なの・・・?」っと、思ったほどですから。

 そもそも伊予灘海域には活断層があるため、将来、大きな地震が起きる危険性のあることが、反原発者側から指摘されていたのです。でも、その意見は反故(ほご)にされ、結果として伊方原発が出来ました。

 このような危険な地域にもかかわらず、次は同じ海域近くの山口県側に新たな原発が推進されようとしています。この国はいったどうなっているのでしょうか。常識を疑いたくなります。その意味において、早朝起きた地震は、将来の戒めとなったはずです。

 福島第一原発で起きた原発事故は、今もまだ終わっていません。多くの住民が原発事故で負った財産補償すら未解決のままのはずです。小泉元首相が訴えている脱原発、決して間違っていないはずです。


 
スポンサーサイト



THEME:つれづれ日記 | GENRE:日記 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント