FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

過去の教訓が生かされていない

 7日、集団強姦や強盗などの疑いで逮捕されていた男性が、横浜地検川崎支部で弁護士と接見中、「腰縄がゆるい」という本人の要望を受けた警察官のそばで、本人自らが腰ひもを足元へ引き下ろしたその隙を突き、部屋からまんまと逃走を図った。警察による捜索にもかかわらず、8日午後現在に至っても捕まっていない。

 ここで心配なのが、容疑者は無一文で逃走しているので、同様の事件を引き起こさないか、である。取り分け女性にとってこれ以上の脅威はない。まるで、街にライオンが放されたと同じだ。それだけに、この男が再犯の前に捕まえることが求められる。

 接見中の逃走で思い出すのが、昨年11月、仙台中央署から逃走した某国男性のことだ。今回とほぼ類似したことで逃走されている。このあと、県警が再発防止策を発表されたはずだ。この事件からまだ二カ月もたたないうちに、またもや同じ過ちを犯したことになる。

 そもそも、取り調べ中にしろ、弁護士との接見中にしろ、容疑者と対応する席の位置が間違っている。つまり、容疑者を部屋の奥側に座らさせるべきではないのか。入り口では、どうぞ逃げてください、と暗黙の了解を与えているに等しい。もう一つの最善策は、出入り口の内か外にもう一人、警察官を立たせておくべきである。いずれにしても、昨年11月に起こした逃走事件の教訓が生かされていなのは、残念としかいいようがない。


 
※過去読んだ本の中から抜粋しておいた文書を綴っています。
  <36回目>
人が30分本を読むなら、あなたは一時間読むことだ。人がタバコを吸って休憩しているなら、あなたは少なくともそのとき会社の仕事について考えることである



スポンサーサイト



THEME:今日のつぶやき。 | GENRE:日記 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント