FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

銭湯で

 とにかく寒いのひと言に尽きます。そこで、兄弟から「寒いから風呂に行こう」の電話があり、早速、銭湯へ。

 銭湯に着き、履物入れに履物をしまっていると、退館される高齢者の男性がやってきました。ところが、履物をどこに入れたのか分からなくなったらしくて、無施錠の履物入れを手当たり次第に開けて探し始めました。尋ねてみると、施錠せずに履物を「ここらあたりに入れたはずなんやけど?」と言います。共に探しますが見つかりません。さすがにお手上げです。お店の方にお願いして入店しました。

 次は、私にすれば、これまた一大事がありました。寒いので露天風呂に入らず、内風呂に入り何気なく目線が脱衣場をとらえました。すると、鏡の前にある椅子に“女性”が座り腰まで垂らした長髪を丁寧に手入れしています。私は「そんなはずはない」、と数回まばたきしました。肩にはブルーのバスタオルが掛けられているものの、かすかに胸のふくらみが見て取れます。やはり“女性”だ! いや、そのようなはずがない・・・・。

 このとき、“女性”のそばに従業員も立ち止まっています。彼も恐らく困惑しているように見て取れたのですが?

 つまらぬことで悩み、お風呂から出ると、その“女性”、いや、“男性”が私のそばのロッカーで衣類を着ているところでした。どうやら「性同一障害者」のようです。これまで随分お風呂に入ってきましたが、お風呂で悩んだのは初めてのことです。でも、私のような男がいてるから、ご本人にすれば男性風呂に入るのがいちばんの苦痛なのかもしれません。

 銭湯でのできごとでした。


※過去読んだ本の中から抜粋しておいた文書を綴っています。
  <28回目>
家庭は人間にとって最初の、そして最も重要な人格形成の場である。われわれが最高の道徳教育を受けるのも、最低の道徳教育を受けるのも、みな家庭である。人が息をひきとる瞬間まで、一生身について離れない生活信条を吸収するのは、家庭をおいてほかにはない


スポンサーサイト



THEME:今日のつぶやき。 | GENRE:日記 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント