FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

このアーティスト(歌手)が好き

 前回のブログで「アイポッド&アイフォーン」を通じて、これに51曲に及ぶ歌が取り込まれていることを綴りました。今日は、私のお気に入りについて取り上げることにします。

 65歳を目前にした私ですから、どうしても歌謡曲に耳が向きます。ロックは好きではありません。ただその中で、とりわけお気に入りなのが、知床旅情(加藤登紀子)、襟裳岬(森進一)、津軽平野(千昌夫)、津軽平野・冬景色(石川さゆり)の歌です。いずれの歌も、自転車で日本一周を通じ、その地を走ったことで詩の意味を心から噛みしめて聞くことができるようになりました。

 実は今、もっとハマっているアーティスト(歌手)がいます。それは、絢香、高橋真理子、岡本真夜の方々です。爺が女性歌手ばかりを指名するのは少々違和感がありますが、まあご勘弁を。

 とりわけ最近姪っ子から教えていただき知ったのが「絢香」です。彼女の歌唱力、彼女の持つ声には、理屈抜きで聞き惚れました。つい最近の新聞の投書欄で61歳の女性が「絢香」のコンサートに出かけたことが取り上げられていました。理解できます。でも、まさか私も同じことを? などとは思いませんが。いや、やはり生のコンサートを聞いてみたいものですね。でもコンサート会場で若者に見つかると、きっとつまみ出されることでしょう。

 歌唱力について、プロの評価は関係ありません。聞く側が評価を下すものです。歌手の歌う詩の内容が聞き手の心に、いかに入り込めるかが大切です。それには、声が最も大切です。勿論、詩が大切であることは言うまでもありません。

 

※過去読んだ本の中から抜粋しておいた文書を綴っています。
  <12回目>
仕事をしていれば、うまくいく時もあれば、逆に失敗もある。男の魅力が決るのは、ものごとが思うようにいかず、失敗した時、いさぎよく、自分でその失敗を認め、他人に泥をかぶせないことである。ものごとがうまくいかなくなった時、苦境に落ちいった時、普段はあらわれないその人間の本当の姿が出てくる。その時、他人に責任を転嫁せず、自分で自分の気持を仕切り直せるかどうかが勝負どころ。それさえできれば、黙っていても、みんなはついてくるのである
スポンサーサイト



THEME:つれづれ日記 | GENRE:日記 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント