FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

旅の手段

 旅が大好き。現役中は、同僚あるいは単独でそこそこの旅を楽しんだ。でもさすがに海外旅行だけはできなかった。できることなら海外をこの目と肌で実感したかった。

 旅と言えば、移動手段も楽しみのひとつになる。私は早い移動手段よりも遅いほうがいい。つまり、飛行機よりは新幹線、新幹線よりは在来線がいい。いや、それよりもバス旅行、もっとしつこく言えば船旅になるだろうか。

 目的地に早く着く旅なんか味気ない。車窓を流れるその地の景色に様々な思いを馳せる。スローテンポな旅をする意義が、ここにある。

 船の旅は離岸すると、広大な海原を眺めるだけの景色に変わる。勿論、夜間走行もあるだろう。そのようなときは、備え付けの椅子に腰を掛けてゆっくり本を読めばいい。まさに癒しの空間といえる。勿論、勝手な思いを書くのも良い。夢や楽しみは際限なく広がる。自分だけに与えられた贅沢な時間だ。だから船の旅は素晴らしい。

 ここまで書くと、まるで豪華客船の旅でもしたかのように思われる。願望だけで勿論それはない。せいぜい、鹿児島から沖縄、大阪から九州、程度の船旅でしかない。ま、夢は、思い続けるところがいい。心の奥にしまっておくことにしよう。

 私は、若いころから極力書き癖を付けることにしてきた。だから旅先でお気に入りの被写体をパチリ、では終わらない。帰宅後、必ず旅先の思いを書き留める。それも原稿用紙にペンを使って書く。これもまた、旅の楽しみと言える。

 自転車で日本一周の時、ご夫妻がワゴン車で100日の旅を楽しんでいるところに出会った。これもまた素晴らしい旅の手段と言える。

 様々な手段・スタイルで旅を楽しむ。旅はいいものだ。旅の企画を練り、自分なりの旅を楽しんでみたいものだ。


  ※過去読んだ本の中から抜粋しておいた文書を綴っています。
  <6回目>
 「宇宙に存在するあらゆるものは電磁気を帯びており、吸引と反発の法則は電磁気と同じ作用をし、積極的なあるいは否定的な心がまえをもてば、積極的なあるいは否定的な結果が生まれ、この世には偶然というようなことは存在せず、すべては原因結果の法則によって直接ひき起こされる



スポンサーサイト



THEME:雑記 | GENRE:日記 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント